FC2ブログ
ロードバイクやRCが味趣のブログです。

ロードバイクで奈良飛鳥石舞台~京都嵐山184km走行。

今回は先々週の琵琶湖一周北コース150km走り切ったので限界に挑戦で奈良飛鳥~京都嵐山の
片道90km往復180kmオーバーのルートを選びましたが結果的に準備不足で失敗しました(;´Д`)

ルートは下記ルートラボのサイトでGPSと連動して走りました。
ルートを外れると画面にルート範囲外と出るので非常に便利です!
一部地元の部分は短縮ルートを走りました、橿原~飛鳥部分は案内看板が曖昧なのでこの
サイトをホームにショートカット置くことをオススメします。
https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=5ec40664fedba6ffcc154233df2746b6


5時起きのつもりが二度寝して6時起きで準備して出発!



奈良のサイクリングロードのC7は橿原のイオンまでは往復50kmが最近のルーティンコースなので楽々。
そこからはルートラボがなければ迷いまくりだったと思う。
明日香村に入ると気温は26℃と少し暑いが湿度は低く快適で景色も良くコスモスの花が綺麗でした!



起点の石舞台まで自宅から片道37kmでした。
一旦自宅に戻り昼食とボトルの水分補充、少し休憩して出発!



さすが秋の観光シーズン!人の少ないタイミング待って撮影しましたが初めて見るくらいに人いっぱい!



休憩の拠点さくらであい館も夏はガラガラの貸し切りだったのにロードバイクほぼ満車!



飛鳥石舞台から渡月橋まで片道90kmルート到着!


真夏の40℃の8月4日に来た時はガラガラだったのにその時の10倍位の人出!



帰りに綺麗な夕日をバックにパシャリ、スマホだとこの辺が限界。
ミラーレス一眼ほしい!



なんとか奈良飛鳥石舞台起点に京都嵐山184km完走!
帰りは130km辺りから膝が痛くなり、150kmから激しい痛みになり、最後30kmはただの苦行でした...
かなりスローダウンして休憩取りまくりで帰還しました。




ロードバイクで遅いけど無理なく楽に走れるのは100km、150kmは問題なく行ける(SPD時)
SPD-SLにまだ慣れてないのと、クリート調整が合って無いので、ギリギリ150kmまでは行けるが
そこからはひざ痛との戦いで、ただの苦行、200kmは今の所は非現実的な距離。
しっかりSPD-SLのクリート調整して早く150km楽に走れるようにしたいですね!


ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2018-10-09 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

BianchiのSTIを105 ST5600→105 ST5700へ変更。

ロードバイクネタを書いてないからと言って乗って無いわけでは有りませんよ!
仕事でヒザを痛めてしまったのが悪化して来たので先週金曜日から梅雨で雨なのも有り少しお休み中。
その間にヤフオク等で買ってあった中古パーツにチェンジです。


交換パーツはSTI
STI シマノ・トータル・インテグレーションの略でブレーキとシフトシステムが一体化した物です。
ブレーキ掛けながらシフトダウンも出来ます。


自転車業界は変速機、ブレーキ、ギヤ周り等をトータルで設計して製品化した物をコンポーネント
と呼び、シマノのレースグレード場合は一番ポピュラーな105、アルテグラ、デュラエースと
3グレードが有ります、更にその下に廉価版ソラやクラリスなども有ります。
私のはレースグレードの入門用105ですが、現行は5800、1個前は5700、私のは5600と2世代前。
フロント2段リア10段の20段変速ですがF変速レバーのシフトダウンめっちゃ硬い(故障?)
次の世代の105 5700以降は内装式に変更されましたが私の5600は触覚がびよーんと伸びてます。
不細工だし、どの位置でもライトの光がアウターワイヤーに当たり目障り…


STIだけST5700に変更はシマノの見解では適合外で使用不可、ブレーキのレバー比が変更になり
ST5800ともレバー比が違い、BR5800では効きすぎる、BR5600との組み合わせでは効きが落ちると。
BR5600との組み合わせは問題無しとの意見も有りとりあえず組んで見る。
フロントディレイラー(前の変速機)も適合外ですが普通に使える見たいですね。

中古の傷ありですが程度良品な105のST5600からST5700へとりあえずチェンジ!



裏はメカがむき出しですね~



ブレーキのインナーケーブルの穴は見えてるので通すの楽ですね。
シフトはカバーで見難いので分かりにくい場合は上からワイヤー通して位置を確認すると良いと思います。




作業開始
まずはバーテープを剥がします。
ケーブルを止めてるビニールテープも剥がしパーツクリーナー等で綺麗に清掃。



カバーをめくって固定ボルトを緩めます。
ブレーキケーブル、シフトケーブルを引き抜けば準備はOK



シフトケーブルが外装式から内装式に変更になるのでですが、ケーブルを通す穴が二箇所あり
車種や好みで選択できます。



フロントディレイラーは某フリマ系で送料込みでかなり安く新品が変えたので同時に交換。




完成🎵
左右で作業開始から調整入れて2時間位、触覚ワイヤーが無くなりライトにも映らなくなりスッキリ(*´∇`) 




試走
5日ぶりでヒザが悪化するとダメなのでゆっくりとディレイラー調整しながら試走。
左のフロントディレイラー側はシフトも軽くなり快適🎵
右のリアディレイラー側も少しシフトアップが軽くなり気持ちが良い。
ブレーキはやはり効きは落ちたがブレーキシューのトーイン調整とリム研磨でかなり回復。
普通に走るには問題ない制動力が有りますが、安全性に関わる部分なので今後ブレーキシューの
アップグレードやキャリパー自体の5700系への交換も含めて今後の検討課題です。

とりあえず今週はお休みして足の回復を最優先して、足が治ったらロングライドの予定なので楽しみです♪



ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-07-05 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

Panaracer RACE A EVO3 投入!

今までのタイヤはPanaracerのCATEGORY S2 700x23CでPanaracerの最も安い1本2300円程度。
交換時期、走行距離不明で最低でも前オーナーが中古で買ってからでも最低3年は交換してない。
前の前のオーナーからなので恐らく4年以上は変えてないと思う。
色々新車のタイヤと比べると明らかに硬化しててグリップ感も悪い、グリップが悪いと言うより接地感が無い。
次の100kmクラスのロングライドに向けて今回交換してみた。
 


色んな海外メーカーも有りますが今回は品質の安定している国産Panaracerを選択。
Panaracerのロードバイク用上位グレードのリンチャータイヤ(チューブを入れるタイプ)は3種類。
1.レース仕様の軽量な(LIGHT)RACE L EVO3
2.一番使いやすい(ALL ROUND)RACE A EVO3
3.耐久性重視の(DURO)RACE D EVO3


  
レース向きのL     オールラウンドのA   耐久性重視のD 


長距離通勤に使うわけでも無いし、常に予備チューブにタイヤレバー、炭酸ガスボンベは携帯してるし
そこまで耐パンク性能を重視してる分けでも無いのでPanaracerのRACE A EVO3  700×23Cを選択。
Panaracerでは上位のタイヤで購入時は1本4340円、前後で8640円ほど。
ツーリングRCだと一ヶ月のタイヤ代ですね(;・∀・)
寿命は使用環境でかなり変わりますが3000~5000km、今のペースでは半年~ギリ1年は持つかな?
まあ、飽き性の私はいつまでも続いてるか分かりませんが(^_^;)

パッケージは簡易パッケージですね。



交換手順
ブレーキのクイックを緩め、ホイールのクイックレバーを緩めてホイールを外します。
リアはリアディレイラーを後ろに動かすと簡単に外れます。
バルブキャップを外して、バルブを緩めて、バルブを押してエアーを抜き、ナットを外します。
チューブを挟まない用に注意しながらタイヤレバーを入れて、ビートを落としてスポーク1本分の
間隔を開け2本目を入れて、3本目を入れ横に滑らして行けばスルッとタイヤが外れるハズです。



タイヤパウダーをタイヤの内側に適量を均一に塗ります。
塗ることによりチューブの滑りが良くなり、硬いタイヤもハメやすくなります。
私は家に有ったジョンソンのベビーパウダーが同じ原材料タルクと香料のみなのでこれを塗りました。
タイヤパウダーも基本的に同じタルクの成分で出来てて添加剤が足されてるだけです。
タルク以外の原材料を使ってるのは避けた方が良いです。



ロゴ部分とバルブ位置を合わすとバルブを見つけやすくなります。



トレッド面はトレッドパターンが無くザラザラした表面ですがウェットグリップも良いそうです。
RACE A EVO3は三角形状で直線時の転がり抵抗が少なく、コーナリングでは普通に接地するタイプ。



今回土曜日の昼休憩に交換して仕事終わりに走って見て、硬化した古い元タイヤのCATEGORY S2とは
雲泥の差で乗り心地抜群!路面の細かい凸凹がガンガン来てましたが気にならなくなり、大きなギャップも
かなりマイルド(*^^*)グリップも良く、ふらふらしない、転がり感も全然違う!
もっと早くタイヤを変えたら良かったと後悔する位に全てに渡って激変しました。
夜飯前に軽く15km程度で帰るつもりが気温も最適、夕景も綺麗で楽しくて40kmも走ってしまった(;・∀・)


翌朝は6時半起きで往復46km程度と時間的にも最適なので京都の笠置へ。



木津~三重方面の163号は24号程ではないが想定以上の交通量で大型トラックが結構通って少し怖い。
記憶ではもっと傾斜がキツイイメージでしたが全体的にはそれほどでも無かった。
快晴で湿度も低く微風で気温も最適で景色も良く、とても気持ちよく走れて非常に楽しかった♪





空気圧は普段7.0BAR+αですが今回は8BAR入れたのにそれでも乗り心地が前よりかなり良い。
前と比較して転がり抵抗が明らかに良く、路面が良く傾斜0だと巡航速度が3km以上アップ!
帰って空気圧7BARにして少し走ったがそれでも明らかに前より転がり巡航速度が上がってるのを確認。
RCもロードバイクもタイヤで激変しますね~


ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-06-05 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CAMELBAK Podium Ice 4倍 保冷ボトル投入。


ロードバイクの水分補給に今まで手持ちのSAVASのスポーツドリンク向けボトルを使ってました。



しかし、この暑さでは容量少ないし氷ぎっしり詰めても保冷能力無しでは早々に解け切ってだめ。
さらにキャップを外して飲みくちを歯で引き上げるタイプで走りながらでは飲みにくい(-_-;)



色々調べてCAMELBAK(キャメルバック)4倍 保冷ボトル ポディウムアイス Podium Ice を購入。
保冷能力が高いモデルで容量は620ml、宇宙船の断熱材を使用して保冷能力の無い物普通のボトルの
4倍ノーマルCAMELBAKの倍の保冷能力。
抗菌素材、口が触れるバルブ部分は取り外して洗浄出来るので清潔に保てます。
値段は私の購入時はノーマルCAMELBAKの価格は 1900円+1200円の3100円とかなりお高め。
モンベルでも置いてたので山登りにもオススメなのでしょう。
車での外出時にも使えるし、街ぶらでもRCでも使えるので高くても価値は有る。
 


保冷能力はもちろん、なにが素晴らしいって圧力で開閉するJet Valveのお陰で蓋が無い。
本体は柔らかく、吸っても握っても楽に飲めて、でも走行中は満タンでも蓋無しでこぼれない!
カバンに入れる場合はキャップ下のロックを回せばバルブが開かない構造。
20170522230459624.jpg 


先々週ですが快晴の夏日の日曜日早朝に使って見ました。
今回は国道24号線を真っ直ぐに走ってとりあえず橿原神宮へ。



今回も明日香村ですがルートが違い高松塚古墳へ。
高松塚古墳周辺は8時過ぎでも観光客が多く、キトラ古墳、石舞台も近いのでここが観光の起点かな?
帰りには駐車場満杯になってました。



24号線から以外と近く高松塚古墳に片道25km到着。



氷をぎっしり詰めて6時半に出て9時半帰宅までは氷は残ってて保冷能力無しとは雲泥の差。
保冷能力だけで言えば圧倒的にサーモスのロードバイク向け魔法瓶タイプが最強。
しかし、重いし、走りながらは少し飲みにくいようで、落としたりフレームにぶつけたりを考えると
私には微妙、私はロードバイクではCAMELBAK Podium Iceの方が良いかな。
理想はPodium Iceとサーモスの2本積みが理想かな?ボトルゲージのスペース余ってないけど(;・∀・)
 

50km走行でも夏日のこの暑さでは既に620mlでは足りない(;´∀`)
街部はコンビニや自販機で補給すれば問題なし、しかし嵐山自転車道や今後考えてるコンビニや自販機が
長距離無い田舎が問題、ボトルゲージは二本分有るが一本はツールボックスを装備してるので使えない。
なので夏の長距離走行に向けて色々調べてます。

今回はシートポジション更に1cm上げて走って50kmでは全くヒザの痛みは出ませんでした。
足がギリギリ届く高さの元から3cm以上がってもう完全に足が届かないまで上がってしまった。
適正なシート高さって思いのほか高いですね~(;・∀・)

今月はRCレース2回で2回日曜日走って無いのですが今週夜に追い込み掛けて何とか今月350km達成(^o^)



さて、今週はどこに行こうかな?(^o^)


ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-06-01 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

京都八幡木津自転車道で京都嵐山へ走行距離162km走行!

本格的に走り初めて1ヶ月、京都八幡木津自転車道で京都嵐山へ走行距離162km走って来ました。
途中何度も分岐点で迷いそうになり、少し待ってると後続が次々と来るので付いてけばOK。



本来自宅からなので+10kmのハズで往復110km弱のハズ、あれ?



車とバイクは98%完全封鎖されてて自転車と歩行者専用道路になってます。



信号は御幸橋のみ、極極一部のみ車や原付と併走でかなり快適な道でした。



御幸橋で迷ってると後続が次々と真っ直ぐ行くので付いて行きました。
やたら川沿いでバーベキューをしてたりしてて、ん?と思いながら走りスマホの地図は直射日光で
見えないのでとりあえず川沿いを真っ直ぐ行くとやたら高層マンションが見えるのでなんかおかしいと
橋の下の影でスマホのマップを見ると淀川???拡大するとなんと大日超えて守口市(~_~;)
御幸橋で淀川サイクリングロードと嵐山方面と別れる模様(-_-;) 往復50kmほど無駄に走って
御幸橋に戻り、本当は信号を真っ直ぐては無く、右に曲がり橋を超えて左が正解でした。



戻って御幸橋のさくらであい館で休憩。



沢山の自転車乗りが休憩してました。
ちゃんとスタンド無しのロードバイク対応の駐輪場も完備。


ミネラルウォーター買って持って来た粉末のスポーツドリンクを作り、別途水分補給と助六セットで
食事休憩、昼前で既に自販機売り切れが結構出てました。



展望台も有りました。



何とか嵐山到着。



桂川



渡月橋



心配してた筋肉痛は全く問題ない変わりに80km超えた辺りからひざが痛い、どんどんヒザが痛くなり
京田辺で限界、休憩しながら考えて今までの1日最高は50kmほどで月間300kmではなんとも無かったが、
多分シート高が低いのが原因と思い、1cm上げると大分楽、途中で更に1cm上げると更に楽に!
既に出てる痛みは有るが、新しい痛みが出なくなりましたが強風の向かい風でヘロヘロになりながら
無事帰宅でなんとか162km走破!


本格的に走り初めて1ヶ月でも何とか162km走れました。
しかし、もっとルートの下調べもしとくべきでしたね(;´∀`)
STIの高さを上げたのと、シートを前よりにしたの多分正解でしたがシート高の1cmの違いで長距離で

あそこまで差が出るとは思ってませんでした。
ポジションセッティング重要ですね~
限界まで上げてそこから下げてく方向でセッティング詰めて行くつもりです。

京都八幡木津自転車道の注意点としては少しでも分岐点で迷ったら少し待って後続のに付いてく、
御幸橋の信号では直進せずに右折して橋を超えたら左折。
さくらであい館まで木津のスタートから基本的に食料も水分も補給も無い。
(途中1台だけ下の降りれる道に自販機有り)
次は嵐山まで水分補給も食料も補給地点無しなので水分は多めに持参するのが良いと思います。
これからの季節は出来れば二本はドリンク欲しい所ですがシートポストのボトルゲージに私は
予備チューブ、空気入れの酸素のガスに携帯工類を入れてるので何か考えないとね~
嵐山も帰りのさくらであい館も自販機のスポーツドリンクに水は売り切れでしたので要注意ですね。
嵐山は多分少し走ればコンビニは有りそうな感じでしたね。

ヒザがガクガクで生まれたて小鹿になってますが楽しかったです(^o^)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-05-05 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

kazu

Author:kazu
MaybeTomorrw

グダグダな趣味のブログです。
RCはヨコモYZ-2 DTM2
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon シマノ105-5700系に変更
初心者の超貧乏ローディです。

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


11 ≪ 2018/12 ≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム