いつまでもレベルが上がらないグダグダなRC中心のブログです。

TRF417 オプション&補修パーツ。 2010/12/29更新

パーツを買うときに携帯で確認しながら買い物出来る用に主要パーツをまとめて書いて見ました。
アフターの取り寄せパーツは省いてますのでご要望が有れば追記します。


DSCF1772.jpg


ゼノンのVSS TC用64スパーを使用する場合要注意、純正よりスパーが薄く隙間が開いて振れてアウト。
詳しくはhttp://doraf.blog92.fc2.com/blog-entry-376.html

<純正オプション>
84179 RC限定シリーズ TRF417 チタンビスセット   
84178 RC限定シリーズ TRF417 センターワンウェイセット
84180 RC限定シリーズ TRF417 フロントワンウェイセット

<TRF417専用品>
SP.1444 TRF417 クロススパイダーセット
SP.1445 TRF417 ホイールアクスル
SP.1446 TRF417 アルミデフジョイントセット
SP.1442 TRF417 ボールデフプレート
SP.1440 TRF417 スパーギヤ (113T)
SP.1441 TRF417 スパーギヤ (113T)
SP.1439 TRF417 ローフリクションドライブベルト (フロント)(キット標準品)

OP.1207 TRF416X ローフリクションリヤベルト       (キット標準品)




(セッティングパーツ)
OP.709 フッ素コート5mmサスボール
OP.1064 TB-03 サスマウント (1XD)
OP.1065 TB-03 サスマウント (1XC)
OP.1066 TB-03 サスマウント (1XB)
OP.1067 TB-03 サスマウント (1XA)
OP.1068 TB-03 サスマウント (1X)
OP.1069 TB-03 サスマウント (1A)
OP.1070 TB-03 サスマウント (1B)
OP.1071 TB-03 サスマウント (1C)
OP.1072 TB-03 サスマウント (1D)
OP.1073 TB-03 サスマウント (1E)
OP.1074 TB-03 サスマウント (1F)

OP.1171 TA05 ver.II セパレートサスマウント(1X)
OP.1172 TA05 ver.II セパレートサスマウント(1A-1XA)
OP.1173 TA05 ver.II セパレートサスマウント(1B-1XB)
OP.1174 TA05 ver.II セパレートサスマウント(1C-1XC)
OP.1175 TA05 ver.II セパレートサスマウント(1D-1XD)

OP.932 サスマウント スペーサー(0.5mm)
OP.933 サスマウント スペーサー(1mm)
OP.539 Φ5.5アルミスペーサーセット(地味ですがお勧め)
OP.585 3㎜シムセット        (地味ですが色々使え、お勧め)
OP.587 5㎜シムセット
OP.588 φ10mm シムセット


(足回り)
OP.928 ショートリバーシブルサスアーム (カーボン強化)
OP.1031 TA05-IFS カーボン強化F部品 (Cハブ)
SP.1332 TRF416 C部品  (カーボン強化)(フロントアップライト)
SP.1333 TRF416 E部品  (カーボン強化)(リヤアップライト)
(2010/12/26日時点の店頭入荷分のロットは加工が必要)
詳しくはhttp://doraf.blog92.fc2.com/blog-entry-379.html

OP.917 リバーシブルサス用 φ2.6mm チタンコートサスシャフトセット
OP.851 46mmチタンコートサスシャフト(2本)
OP.1077 44mm軽量リヤスイングシャフト (ブルーアルミ)
OP.1078 44mm スイングシャフト(スチール)


(ダンパー回り)
OP-334 ローフリクションダンパーV部品(柔らかい方、キット標準品)
OP.918 TRFダンパー用ローフィリクションV部品(固い方)
OP.574 TRFダンパー用ロッドガイド/Oリング(厳密にはキット付属の物とは違います。)
アフター扱いの2mmシャフトガイド19808077と組み合わせて使います。
詳しくはhttp://doraf.blog92.fc2.com/blog-entry-379.html
OP.576 TRFダンパー用オイルシール
OP-850 タミヤ TRFダンパーチタンコートピストンロッド
OP.876 ダンパー用アルミダウンリテーナー


(ステア周り)
SP.1000 ハイトルクサーボセイバー(ブラック)
OP.1121 ハイトルクサーボセイバー用アルミホーン(必須)
OP.1075 TB-03 フッ素コートピロボール.キングピンセット
OP.601 ローフィリクション5mmアジャスター


(その他)
OP.906 5x5mmアルミ六角ピロボール
OP.907 5x8mmアルミ六角ピロボール
SP.1209 5x5mmフッ素コートアルミ六角ピロボール
OP.1208 5x8mmフッ素コートアルミ六角ピロボール
OP.1249 3x32 アルミターンバックルシャフト
OP.1250 3x42 アルミターンバックルシャフト
OP.1247 3x18 アルミターンバックルシャフト

ブルーアルミビス、チタンターンバックル、ブルーチタンターンバックル 各サイズ
こんな所ですかね。
間違いが有れば指摘よろしく。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!



テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2010-12-29 : TRF417 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

TRF417 タミヤに聞いて見ました

TRF417を組み立時に疑問だった事をタミヤに聞いて見ました。


一つはリアアップライト、キット付属は新型のホイールアクスルに対応するためにリアアップライトを
改修してますが、市場に出てるのは当たってだめ。(右)
DSCF1680.jpg
改修品はいつ頃でるのか聞くと未定、今の所予定無しで、クリップが当たる部分を1mmほど削って
使って下さいと、マジで・・・
金型作って、キットには標準なので、その内この新型に切り替わって行くと勝手な予想はしてますが。



後、ダンパーの補修部品はOP.574 TRFダンパー用ロッドガイド/Oリングのシャフトガイドと
キット附属の物2mmシャフトガイド19808077とは物が違う点。(説明書P13の19、BD10)
DSCF1695.jpg
タミヤの回答は、OP.574 TRFダンパー用ロッドガイド/Oリングに付属のシャフトガイドと
型番自体違うし別の物と…
OP.574 TRFダンパー用ロッドガイド/Oリングと2mmシャフトガイド19808077をアフターで取り寄せて
組み合わせて使用してくださいと。
2mmシャフトガイドの方が外径が大きく、Oリングの溝が有るので変形を押え、密着性を上げ
漏れは減りそうですが、アフター取り寄せいが面倒だな。

これは常識?(ハードブラックコート以降のTRFダンパーは同仕様らしい。)
まあOP.574だけで今まで使ってきたんだし、問題は無いかと思うが…
なんでこんな微妙な事をタミヤはしてるのか不思議だ。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!






テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2010-12-29 : TRF417 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

TRF417 シェイクダウン 2回目 

TRF417 シェイクダウン 2回目
みなさんお疲れ様でした。

メンテは全ネジの増し締めにサスピンサスマウントのチェック、ダンパーオイル補充。
取り説順次からセッティングの変更、キャンバーをF2.5R3.0度にリバウンド左右を微調整
ウェイトを積みなおし、左右の重量バランスの補正。
ニュートラルが30以上ずれていたのでターンバックルで10以内に簡易調整。
後は来年のレギュに完全対応させるためにボディはノーマルSC、ウイングはOP604レーシングウイング
ギヤ比64ピッチ113スパーと40ピニオンでギヤ比5.5 KV2940 重量は1570g、
それとスパーとホルダーの隙間調整

レース後は路面グリップの良さにも助けられ本当にTRF417はよく走ってくれましたが
今回はグリップはソコソコで良くも無く悪くも無く、タイヤは自分に合わないともらっって
先々週の練習、レース後の練習走行に使用10パック強。
韋駄天さん走行中。
DSC_0153.jpg 



前回よりグリップ低くてもやっぱり良く走る!
でもセッティング変更で結構ピクピク気味、縁石に触れた瞬間にハイサイド。
腕のせいだと思ってましたが、セッティング変えたほうが良いとのアドバイス。
ホイールスペーサーを追加し少しマイルドに。
今日はコブ付き。
DSC_0154.jpg  



25周5分8秒535、ベスト11秒854で問題なくソコソコ。
このあたりが開幕戦の最下位基準ですw
DSC_0157.jpg   



タイヤが新品ならもう少し…
DSC_0158.jpg 



某◯◯天さんのセンタープーリー、山が吹っ飛んでベルト滑ってるのに26前半出してます、さすが。
DSC_0159.jpg 


韋駄天さんのアドバイス貰いながら、チキチキしながらだったので、ギリ24周。
やっぱり喋りながら走行してると小ミス連発しますね!
DSC_0160.jpg
DSC_0161.jpg

3パック走った本日のベストは10パック弱走った先週のタイヤでも25周5分8秒535、ベスト11秒854と
まずまず。
ほぼレースの最下位の判断基準が25周5分8秒辺りと確定しましたw

このところTRF417に掛かり切りで超睡眠不足と仕事の追い込みでテンションは高いが
体調ボロボロ、眠いし、エアコン全開で目は全開で乾くし。
 
現状それでもコケなけりゃ25周は普通に入るので前レギュの26周換算なので上出来。
やっぱりTRF417は動きが読みやすく、運転してて楽でミスが減って結果タイムが出てる感じ。
特にヘアピンの進入は速い遅いじゃなく新レギュも相まって、非常に進入のタイミング掴みやすい。
結果思い切って走れるのでイメージ通りに曲がれる。
ギヤデフ効果か新車効果か、TRF417効果か、全てだと思うが立ち上がりが素晴らしい!
前に出ると言う感覚をハッキリ体感出来ます。 TRF417 (・∀・)イイネ!!
ただ、オイル漏れだけは何とかならんか!ベルトがオイルでべっとべっと!


恐らく今回が年内最後の走行になるのかな?もう一回走りたいけど。
開幕戦までに25周5秒~3秒ベストで11秒5辺りが目標。
年明けは体調を整えて新品タイヤも用意して万全で迎えたい物です。
26周はアベレージ12秒以下、完全ノーミスでベストの走りを25周続け無いと無理。
遠いな~ 全く見えない。



走行後韋駄天さんにテストドライブしてもらうが、よく走って気持ちが良く
購入済みのTRF417を組むのが楽しみだと。
ただ、皆さんに言われる事ですが、やはりTRF417が、と言うより新車効果が高いと。
いかに私の416WEがボロボロだったかよくわかった感じ。


走行の課題はS字のスロットル抜き過ぎで減速しすぎ、大回りし過ぎを改善し直線的に抜けれれば
後0.2~0.3は縮めれるかと思うが難しい、今日はスタビを買って来たので次回テスト予定。
まだセッティングは、ほぼ取説順次なので詰める余地は大いに有りますね。
シムで詰めたスパーは全く問題なかった、それとは関係なくスパー舐める自信が有るので
2枚予備を確保、純正も予備として有るし111Tも有るので潤沢!
まあ、来年は何より虎の子TRF417を壊さない事を最優先に頑張ります。

PS.極僅かでも曲がったサスマウントは全部廃棄しましたよ!


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2010-12-25 : TRF417 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop

TRF 417 緊急事態!

レースの予選時にギヤ関係で泣いたので、最終チェックしてると…



スパーギヤ思いっ切り振ってますやん!!!




原因は純正スパーギヤよりゼノンの方が薄く、隙間が開いてる!!!
416系はビス止めだったので問題が無いが、TRF417は挟んでクリップで止めるだけなので
隙間が開いてアウト。

CA3I0102.jpg



解決策は画像右上のBA24スパーギヤスペーサー 品番13454767をもう一枚追加すつこと。
しかし、そんな物を今すぐ発注しても年内無理らしいのでOP.588 φ10mm シムセットを使用。
0.3mmを2枚で0.6mmをスパーギヤスペーサーの上から挿入、0.3+0.3でピッタリなのですが
今回はあえてキツメの0.7mmを選択。
BA24スパーギヤスペーサーは厚み0.5mmなので2枚でほぼ解決!さらに0.1mm~0.2足せば
キツメで良いかと、なるべくキツメがブレが出にくくお勧め。 
CA3I0104.jpg


シム入れて調整後、無事振れは無くなり、ひと安心!




ふ~やばかった、このまま走ってたら速攻スパー舐めそう。
TRF417にゼノンのVSS TC用スパーギヤを付ける際はお気を付けを。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

tag : TRF417

2010-12-24 : TRF417 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

開幕戦準備。

開幕戦準備。

来期の指定ウイングのタミヤOP604レーシングウイング、ゼノンのVSS TC用64スパー&ピニオン購入。
エントリー用紙すら無いのに、もうエントリーも完了w
DSCF1769.jpg



早速組み込み。
ゼノンのVSS TC用スパーギヤ64ピッチ103Tを使用の場合は、結構斜めにネジを締める事になるので
ボールポイントHEXドライバー必須。
DSCF1772.jpg
サーボは2.5年物のタムタムで投げ売りしてたS9551、受信機451(Rじゃないよ!)
ESCはGT2.1、モーターは規制が無くなったが他に無いので当分傷だらけの神風17.5



ボディ(SC430)も塗って、指定の羽も付けて準備完了。
15日まで原型止めてるかな?とりあえず、シューグーで補強だ!
DSCF1781.jpg


シェイクダウンで25周5分6秒191、ベストラップで11秒621なので、目標は25周4秒、ベスト11秒5
土曜日が楽しみです。

TRF417のシェイクダウンでは何もかも上手く行ったが…
さてさて、土曜はどうなるか?


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

tag : PROSPEEDKizu

2010-12-24 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

TRF417 シェイクダウン (走行後)

レース終了後、ほぼ素組で2011年のレギュで4パックほど走ったインプレを。



DSCF1751.jpg
TRF417はギヤ比113スパーと40ピニオンでギヤ比5.5
セッティングはダンパーのバネ交換とアッパーアームの高さを前後上げ、車高を高め、
リバウンドやや大目以外はキャンバー、アッカーマン、スクラブ、バンプステア、すべて取説順次。
それでも、くたくたのTRF416WEのベストコンディションを軽く上回るポテンシャルを発揮。
右回りに変更後の416のベストが11秒4周辺、今回KV3600→KV3000ギヤ比4.8以上→5.5以上
それで約11秒7出て約0.3秒落ちで、決勝で寝てるバッテリーで曲がんなかったセッティングの
旧レギュの416とタイムは同等。

本当に曲がりたい時に、曲げたいだけ曲がる!本当に良く走ってくれました。
万年ほぼ最下位の私に説得力は無いが、言い換えれば、そんな私でもはっきり差を感じれました。



今回は気になった所を少し。
TRF416系と完全に別物となり、リポ、リフェに+ブラシレスに完全対応。
限界までモーターマウント、サーボを内に寄せ、マスバランスの集中化。
シャーシを細くしたおかげでシャーシを擦る事がかなり減ってますね。
擦る事が減った事が速さに繋がってるかは不明w
DSCF1671.jpg




その代わりあらゆる箇所がギリギリの寸法にピニオンとスパーの左右の隙間1mm以下。
DSCF1767.jpg


サーボステーも超ギリギリ、ステア周りも変更し低重心化。
DSCF1780.jpg




ココもギリギリの設計、モーター交換のビスもスパーの穴から締めるのでKAWADA製は使えません。
ゼノンのVSS TC用スパーギヤ64ピッチ103Tを使用の場合は、ボールポイントHEXドラーバー必須。
WEで擦ってたブラシレスモーターのエンドベルがモーター位置が内に入ったために問題なし。
DSCF1771.jpg




バッテリーマウントはしっかりナットを締めないと、ぶつけなくても結構ズレます。
シャーシロールを規制しないために少し前後左右に余裕を持たせたほうが良いかと。
DSCF1768.jpg


TRF417の特徴。
1.ブラシレス+角型バッテリー(リフェ、リポ)完全対応
2.モーターマウントを一体化し剛性を確保し、前方約2mm、内側約2.5mmに移動、
 一部フローティングさせて、シャーシロールを左右均等化し、低重心、マスバランスの集中化
3.ナローシャーシで+ステアリングポストと非接触でシャーシロールを誘発し運動性能の向上。
3.前後バルク共通で予備が1セットでOK
4.Fスプール、R新型ボールデフ 
5.スパーギヤ113T、111Tを新設計してまでモーター位置を前進化。
6.ユニバのホイールアクスルが新型でクリップ方式に変更。


TRF417のネガ。
1.F、Sワンウェィが別売り
2.Rアップライトの新型アクスル対応品がまだ発売してない。(削ったら使えます。)
3.一体形のモーターマウント(センターバルクヘッド)が壊すと激高の5565円

今の所大きな不満なし、トータルで本当に頑張って頑張って、買ってよかった。
くたくた廃人状態のTRF416WEのベストコンディンがいつでも出せる感じ。
土曜の走行が楽しみ、開幕戦も期待できる!
ミスさえ無ければブッチギリの最下位は無いでしょう。

さあ、土曜日の用意!


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

tag : TRF417

2010-12-23 : TRF417 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

TRF417シェイクダウン。

レース終了後に速攻TRF417を来年のレギュにギヤ比を合わせ走行。 
大きなレギュ変更はKV3600以下→KV3000以下、ギヤ比4.8以上→5.5以上
モーター神風17.5 →各社17.5
ボディは軽量、超軽量禁止、ウイングはボディ付属かタミヤOP604レーシングウイングのみ使用可能。

ブラシレスモーターが自由なのでタミヤコンボ、ヨコモコンボ何でも有り。
KV3000でならほとんどのESCはクリア出来るでしょう。

TRF417はギヤ比113スパーと40ピニオンでギヤ比5.5ピッタリ。
セッティングはダンパーのバネ交換とアッパーアームの高さを前後上げた以外はアッカーマン、
スクラブ、バンプステア、、すべて取説順次、スタビすら純正。
取りあえずボディは来年は違反の軽量EBBRO、ウェイトも足りずに約50gレギュより軽いがそのまま走行 。
DSCF1754.jpg



TRF417はグリップの低いコントロールタイヤに合わせてシャーシロールを積極的にさせる傾向。
Kizuでは同傾向の416Xアップグレードシャーシの評判が特別良い分けでも無いので不安でしたが…
さ~TRF417のシェイクダウンはどうなるか? 
DSCF1751.jpg



TRF417走行1周目で即TRF416WEは引退確定。
TRF417何の問題も無くガンガンに曲がりラインの自由度が全然違う!どっからでも曲り
狙ったラインを走れ、軽快な切り替えし、でもシビアさも無く修正も楽で初走行1周目から速い。
50g軽いからか立ち上がりが早く、チキチキしてて直線も速いとKV違反の疑いをかけられ
走行後再計測するとKV3016で僅かにアウト!軽さの方が有利なのかな?




走行後熱いうちにKV2940に調整、ボディはボロッボロッのリップ無しのSC、取りあえずウェイト足して
大体1560g、次は左右バランス見て再調整。
DSCF1752.jpg 




EBBROだと若干曲り過ぎ、ダウンフォースがキツイからか縁石触れるとアウトな傾向。
SCはEBBROよりマイルドで楽、丸く曲がれ、縁石引っ掛けてもメクレにくく有りかな。
路面が良いのもあるが、それでも自由自在に意のままに曲げられAメインのメンバーに
相手にはならんが、以前ほど超簡単には引き離されない!

タイム的には確認できた中では25周5分6秒191、ベストラップで11秒621
速いのか遅いのか基準がわからんが、ソコソコかと。
DSCF1749.jpg
DSCF1750.jpg 
この後アベレージ、ベスト、周回全て上回ってるはずなのにポンダーの不調で途中で終了ばっかり。
ベストで11秒7~8は普通に出て半分位11秒台が出てる時も有ったので25周前半は条件が揃えば出そう。
ポンダー買わなきゃ。
416WEの月数回のベストな1パックがTRF417じゃ普通って位に速い。
たぶん旧レギュならベストラップで10秒台27週も夢じゃ無かったかも?(全開で調子に乗ってます)




練習はTRF416WE(改)、レースでTRF417と思ってましたがもう無い。
クタクタのTRF416WEには戻れない、もう416WEは完全に引退決定。
ただ、TRF416WEが悪くTRF417が良いのでは無く、シャーシとアッパーだけは新品ですが
もうクタクタの廃人状態の416WEと新車の417の差が一番かな?ギヤデフの恩恵も大きいとは思う。
初ギヤデフがいきなりTRF417のシェイクダウンだったのでどの程度の恩恵かは不明。
でもギヤデフに悪い話は周りでは聞かないしね。
多分TRF416WEの新車にギヤデフ組んだらTRF417とそこまで差は感じ無いような気が。
 それと新レギュで直線スピードが落ちて扱いやすくなり、速度域が私に合ってるのかも?
IS01 Androidは1.6で止まって未来へ行けませんでしたがTRF417で未来へ行けましたw



ただタミヤ(SPEC-R)のギヤデフは割とオイル漏れが激しいので、管理が楽とは思えない。
DSCF1757.jpg
某社で漏れのしにくいオイルを開発中らしいので期待。



最近少しテンションダウンしてたが一気にテンションMAX!!!
来期は期待できる。
取りあえず手持ちの買いだめボディ最後のSCを塗ります。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2010-12-21 : TRF417 : コメント : 9 : トラックバック : 0
Pagetop

2010'PRO SPEED 12月の月例レース 最終第12戦そして!

11戦フルで参戦してノーポイントで迎えた最終戦に行ってきましたw
レースに参加された皆さんお疲れさまでした。


TRF417にばっかり構ってられないので前日に最終チェックをしてるとRのユニバが曲がって振ってる…
何とか手持ちで1本新品が有ったたので交換。
夜中に突貫作業でボディを塗って、グダグダの仕上がりw
ボディマウントとバンパーも手持ち在庫で新品交換。
見た目だけは、かなりシャッキリと!



<予選前のフリー走行>
と行きたい所ですが、朝から行きなり用事ができて大遅刻で未走行。






























<予選一回目も間に合わず未走行>






























<予選2回目>
やっと到着。
DSCF1732.jpg



何とか間に合うも、新品タイヤを投入しテスト走行で数周でギヤから異音が、しかし時間的に交換は無理。
そのまま予選、とりあえず1週でも走れば決勝に出れるので走行、予想通りにギヤの異音に
レスポンスの悪さに直線も遅い、終いには数週でピニオン取れて終了。
DSCF1733.jpg




<インターバル>
ピニオン変えるも異音が、スパー交換すると無事静かに。
結局レース決勝前に走ったの予選含め10周ほど、練習は5周ほどw



<決勝>
当然の最下位スタート。
最下位の私は1タイミング遅らせスタートヘアピンで先頭の多重クラッシュを上手く避けて
1周目暫定一位!!!
しかし曲がらん、タイヤは新品、大人買いした最後の軽量EBBROを投入したのに全然曲がらん。
おまけにバッテリーは実質1パック目で完全に寝てて直線もインフィールドも激遅。
ドンドン直線で差を詰められるしインフィールドもドンドン煽られ、何回か回されました。
記憶では自分のミスは2回、2位からのプレッシャーに我慢できずにどアンダー出してスルッと抜かれw、
さらに縁石踏んで、自力復帰できましたが1コケ。
それ以外は、かなり遅いながらもミス無く淡々と走り、上位陣の車の不調とミスに助けられ






























何と最終戦で初のポイントゲットのBメイン2位!!!
過去最高はBメイン4位。

タムタム時代にBメイン優勝以来の快挙!!!
地味にセンスも無く遅いなりにも毎週3時間、年間2回の欠勤以外全部走行してきた甲斐が有りました。

師匠おんせんさんを初め、カッ飛びブラシレスさん、スタイリッシュ部長、クロアブさん、韋駄天さん
チンピラーノさん、たけ丸さん、UNOさん、変人540さんを初め本当に皆さんのアドバイスのおかげで
センスの無い私がここまで来れました。
最近は本当にミスが減り、派手な骨折はかなり前、だから手持ちのリアップライトが古い旧ロット!
本年度のレギュで地道に練習しセッティングさえまともなら、私のように全くセンスがなくても
26周後半は出る事が実証!

レース終了後即、TRF417を投入し、来年のレースレギュで走行しましたが、それはまた後日♪




にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!





テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2010-12-20 : レース : コメント : 12 : トラックバック : 0
Pagetop

TRF417組み立て その2

  TRF417組み立て その2(眠い!!!)


<デフの組み立て>
1発タイムはボールデフが有利で、安定性は完全にギヤデフらしいので、安定性の全く無い私は
今回ギヤデフを選択、半額の3Racing製は1ヶ月待って手に入らなかったのでタミヤをチョイス。
特別知識もないので素直に説明書通りにバリ取りしただけで素組、オイルは1200番をチョイス。
動作はスムーズでも負荷がかかると重くなる、LSD効果出てますね。
割とオイル漏れが有るみたいなんですが、紙に見えるパッキン?特殊Oリングのせい?

後日談。(ガスケットに薄くAWグリスを塗ると漏れはかなりマシ。)
(X-GEARのギヤデフオイル X-GEARハイシールグリス(ギヤデフ専用使用で漏れは激減。) 
 
DSCF1676.jpg 



ボールデフも今回モデルチャンジし、大口径化。
今までリング状のシールを貼ってシールドしてたのを大口径化で不要になりました。
デフリングのDカットも復活!
スラストベアリングはオプションの分割式を採用。
DSCF1697.jpg



一見フラットに見えてそうでもないので、デフプレートはガラス板に敷いた耐水ペーパーの
2000番で水研ぎ、最後ピカールで磨き鏡面仕上げに。
DSCF1698.jpg 
ボールデフとギヤデフは後日比較テスト予定。
今回のボールデフはかなり出来が良い、416なら滑ってる強さでも滑って無いので結果スルスルに。
密閉度が上がりメンテサイクルも伸びるかな。



F標準はスプールですがマスタークラスではFスプールは無いと思うのでワンウェイをチョイス。
形状は416と全く同じでワンウェィベアリングの向きを変えてるだけですね。
DSCF1675.jpg 



<バルク、モーターマウントの組み立て>
モーターマウントはリポ+ブラシレスのパワーを受け止めるために416系は3分割を417では一体化。
シャーシロールの均等化の為に一部フローティング、コスト掛かってます。
DSCF1682.jpg 



今回から前後バルクヘッドが共通となったので予備が1つで前後使えます。
今時のハイエンドはカーボンパーツやアルミパーツは加工精度が非常に高く基本的に修正や追加工は不要。
そのまま普通に組めばスルスルとネジが入ります、ただし、ネジはただ締めれば良いものでは無いかな。
私は一度緩く組んで、前後の外側から対角線上に7割り~8割り程度まで閉めて
最後にもう一度対角線上に均一に本締めで仕上げ。 
ネジ穴には若干のクリアランスが有るので、左右、前後共に中心に向けて詰めて組み立てます。
何もしないで普通に組むよりはベルトラインを真っ直ぐロス無く組めるかと。
DSCF1681.jpg  




HLコーティングシリンダーのダンパーも手持ちの新品ロッドガイドと比べると形状が違う。
417付属はOリング用の溝が有り裏表が有り外径サイズも違う!売ってるの?手持が古いから?
DSCF1695.jpg 



ステア回りも一新しシャーシロールを稼ぐためにアッパーデッキとは切り離し。
しかしカーボンリンクにもアッパーデッキにも穴が開いてるのでカラー入れれば接続は可能かと。
416WEと比べると見た目に大幅な低重心化!アッカーマンの最低化も実現。
DSCF1715.jpg



カーボン製のバッテリーサポートが違和感バリバリ。
調整範囲は結構多めでがっしりバッテリーをサポート、。
取説ではニッ水ですがニッ水載人居るのかな?
がっちり確実に固定、 しかし激しいサイドの激突でバッテリーサポートが破損の予感。 
DSCF1711.jpg





ESC、モーター無しですが完成。
まあ、購入翌朝の17日の朝には完成してましたがねw

初めて見るタミヤハイエンドのみに付いてくる非売品の青いアンテナパイプが新鮮。
DSCF1716.jpg 


基本取説のセッティングでレース終了後にテスト予定。
さて、大破しないで済むかな?w


今2時で明日の最終戦のレースのボディを眠気と闘いながら塗ってます…


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

tag : TRF417

2010-12-19 : TRF417 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

TRF417組み立て その1

先ずはカーボンパーツの組み立て前の事前処理。

カーボンファイバー炭素繊維強化樹脂(CFRP)はカーボン繊維を編んだ布を何層にも重ねて樹脂で
固めた物で非常に硬く軽い、ただし加工に時間も手間も掛かるために高価。
そのままだと横からの衝撃で剥がれたり、割れたりするし、鋭い切断面で怪我するので
角をヤスリ(ダイヤモンドのヤスリがお勧め)で面取りして、剥離を防ぐために
瞬間接着剤(低粘度)を外周全部に流します。
プライマー(硬化促進剤)を使えば一瞬で固まります。
仕上げに1000番程度のペーパーで中仕上げ、コンパウンドでFinish。

しかしカーボンパーツの部品点数多すぎ、私は瞬着流し大嫌い。
DSCF1673.jpg



乾燥待ちの間に順番を変えて足回りの作製。
まずはサスアームのリーミング加工、使用工具はコーセー社製KK-0155 φ3.02のハンドリーマー。
DSCF1678.jpg
新品のサスアームはサスピンの穴の精度が悪く動きが硬い。
新品のサスピンを通し、確認しながら何度も少しずつリーマーで穴を広げて行きます。
ストンと落ちすぎるのもダメ、穴を広げ過ぎてガタが出ないように、しっとりスルスルに仕上げます。
絶対に必要なので是非買ってください。
サスピンが短い方は基本ほとんど無加工で行けますが、2.62mmのリーマが有ればベスト。


リアのナックルは使わない穴にイモネジを打ち込んでピロの抜けを防止。
DSCF1700.jpg

ちなみに結構古い旧ロット416用と品番同じでも最近のロットは新型アクスル用にマイナーチェンジして
上部に隙間が有り、隙間の無い旧型はピンを止めてるバネが当たるので旧ロット使う場合は要加工。
DSCF1680.jpg


今回ユニバーサルシャフトの接続方式も一新(ホイールアクスルが新規)。
ピンをイモネジで止めてる方式は片側に重心が集中しブレが出やすく、イモネジ緩んで
ピンが動く事も有る見たいですが、新方式はクリップ状リングでピンを止めてぶれを抑える
新方式を採用、緩みも無くなります。
ユニバの長さは前後44mm 、可動領域も増えて、フル舵角でもガラガラ鳴らない。

DSCF1679.jpg



サスボールはバリで貫通してない者も有るので、一度貫通させてスムーズに動くように。
DSCF1684.jpg



Cハブの組み込み、サスアームの接合、リヤアップライトの組み込みで指示通り組むと
結構固くなる事が多いので、私はショートリバサス側を少しずつ削り、スムーズに動くようにしてます。
Cハブもバリを削ってスムーズに動くように。
足回り完成、ショートリバサスのダンパー、スタビのピロボールの位置は再度確認。
DSCF1683.jpg



次回はデフ組み立て。


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2010-12-17 : TRF417 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
いつまでもレベルが上がらない
グダグダなRCブログです。

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


11 ≪ 2010/12 ≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: