RCとロードバイクが趣味のブログです。

内装式ブレーキケーブルの交換。

前回の簡単なロードバイクのブレーキシュー交換からハードルが上がって内装式の
ブレーキのBianchi928C2Cのアウターとインナーケーブルをセットでの交換です。
 


先日Bianchi 928のブレーキシューを交換して奥の効きは劇的に良くなったがコントロール性が良く無い。
ワイヤー類は交換時期不明でアウターケーブルはおそらく一度も交換してないと思います。
一般的な構造のブレーキワイヤー類交換は外装式のマウンテンバイクでは経験有りますが今回は
フレームの中に通してある内装式と呼ばれる方式なので少し難しいかも知れないが交換に挑戦します。

外装式はインナーワイヤーぶちっと切って抜いてアウター抜いて交換して調整して終わり。
内装式は失敗すると後が大変なので下調べをして確実に作業するために保険でコレを買いました。
ケーブルライナー113円+税



ブレーキケーブルのグレード。
☆非コーティング
1. 一番安いスチール(鉄)安いが錆びやすくコスト最優先の場合以外選ぶ意味がない。
2. SUS(ステンレス)スチールよりは高いが錆びにくい、雨ざらし保管だと最低限SUSかな。

☆コーティング系
3. SIL-TEC(旧名称PTFE)フッ素加工のコーティングで滑りを良くしたケーブル。
4. ポリマーコーティングケーブル ハイエンドですが滑りが良すぎて指定以外のコンポーネントでは
  使えない物もあり、私の5600系は2世代前なので適合範囲外かな?ロック部分で滑る可能性が有る。


屋内保管で基本雨天走行はしないとは言えスチールは無い、最低SUSで今付いてるのも多分SUS。
ポリマーコーティングは滑りすぎる為に2世代前の105 5600系はポリマーコーティングが使えない
可能性が有るので次の機会に考えるとしてとりあえず今回はSIL-TEC(旧名PTFE)コーティングの
ケーブルセットを購入、アウターケーブルは元はシルバーですが今回はホワイトを選択。

内容物
アウターケーシング:SLR:φ5mm×1400mm(1本):φ5mm×800mm(1本)
インナーケーブル:PTFEコーティング:φ1.6mm×2050mm(1本):φ1.6mm×1000mm(1本)
その他付属:アウターキャップ:インナーエンドキャップ(シルバー)
シマノパートNo:Y80098012
   


硬いステンレスの網線ケーブルはなかなか綺麗に切れないので専用カッターが必要なので値段の割に
評判の良いPWT PCT-02 ワイヤーカッターを同時に購入。
 


PTFEのブレーキケーブルセットの組み立てにはケーブルに塗るプレミアムグリスが別途必要になります。
 


作業開始。
前は通常のブレーキと同じで特に考える必要は無しで後のみ内装式です。
ブラケットカバーをめくり、先日変えたばかりですがバーテープを剥がします、もちろん再利用します。
ケーブルを止めてるビニールテープも剥がしパーツクリーナー等で清掃。



ブレーキケーブル終端のワイヤーをロックしてるネジを緩めてからエンドキャップを切断。



ブレーキレバーを握りインナーブケーブルのタイコ部分を引き出します。
20170406222721312.jpg 


タイコ部分から切断、専用のワイヤーカッターはスパッと切れます!



インナーワイヤーをしっかり持ってアウターを引き抜きます、絶対にインナーも一緒に抜かない事。
アウターワイヤーを元と同じ長さにカット、カットの断面がつぶれてるので断面をラジペン等で修正。
潰れたインナーの穴を千枚通し等で広げてスムーズにインナーワイヤーが動くようにします。
20170406222803778.jpg 


ワイヤーカッターにも穴を拡大する部分が付いてますが使い勝手は悪いですね(^_^;)
20170406222812514.jpg


最近お気に入りなのがテレビで紹介されて一時期市場から消えてプレミアが付いたLS BELL HAMMER
確かに性能は高く色々使って差を感じてますし、持ちも良いのでインナーケーブルにグリス塗る前に
BELL HAMMER塗ってから時間置いて浸透させてから軽く拭いてからグリスを塗りました。
20170406222843204.jpg 


交換したワイヤーは新品と比較しても前後とも異常は無く綺麗でした。
20170406222749788.jpg 


今回ケーブルライナーを用意しましたがBianchi 928 C2Cの場合試しにそのまま古いインナーケーブルに
新しいアウターケーブルを通すとスルリと通過!古いインナーケーブルを抜いてコーティングに入れ替え
無事交換完了!自己満足でブレーキ用のエンドキャップをアクセントでアルミのブラックに変更♪
20170406222733146.jpg 


ワイヤーエンドも付属のシルバーじゃ味気ないのでアルミのブラックアルマイトに交換。
ワイヤーカッターのこの部分で圧着しますが傷防止に紙を挟んで圧着しました。


前後ブレーキケーブルのアウター交換、SUSからSIL-TEC(旧名称PTFE)フッ素加工のコーティングへ
交換でブレーキングがどう変わるか?恐らくグリスが切れてたのも有るかな?ハッキリと変わりましたね!
ステンメッシュのブレーキホースに変えた感じ?ハッキリと効き、コントロール性UP!
かなりフィーリングが良くなりました \(^o^)/


次は一気にかなりハードルの上がるシフトワイヤーのインナーとアウターの交換です。
交換作業よりディレイラー調整(ギヤチェンジの調整)にめっちゃ時間かかりそうですね(;・∀・)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-04-12 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。
RCはX-RAY XB2
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon SHIMANO 105-5600系

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


03 ≪ 2017/04 ≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: