FC2ブログ
ロードバイクやRCが味趣のブログです。

Bryton Rider310 サイクルコンピューター投入!

今まで使ってたのはCATEYE V3nサイクルコンピューター


サイクルコンピューター(サイコン)のスピードセンサーが気が付くと走行中に割れて飛んでいってた…
機能的にはバックライト付き、ケイデンス計測(クランクの回転数)、ハートレートモニター対応
ラップタイム、距離のカウントダウン等と高性能、日中走行には不満が無かった。
しかし夜走行メインに超重要なバックライトがかなり暗い、しかもバックライトが点くが2秒で消える。
画面も小さいので夜走行中は認識不可能、センサーだけ買い直すにも5000円以上するし買い替え決定。



買い替えの条件


1.ほぼ夜間走行なのでバックライト必須で夜間でもはっきり見える事。
2.ケイデンスセンサー対応な事。
3.ハートレートモニター(心拍計)対応な事。
4.長時間バッテリーが持つかモバイルバッテリーで充電しながら使える事。
5.StravaかRoad Bike Proかどちらかのサイクルコンピューターアプリ対応。
6.温度計有ると嬉しい。


何を買うか?

サイクルコンピューターは中華の安価な物からGARMINのEdge1030セット8万超えまで物凄い幅!
ハイエンドはフルカラーの大画面液晶で本当に色々な機能が有り本格的なナビゲ機能まであります。

予算1万+αで色々調べるとでバックライト内蔵でケイデンスセンサー対応なのは結構少ない。
去年日本に再上陸したBryton(ブライトン)製サイクルコンピューターが結構人気があり高性能の
割にかなり安くてコストパフォ-マンスがかなり高く、バッテリーが36時間とものすごい持つ。
他社ハイエンドの軽く倍以上のバッテリー持ちでバックライト常時付けても恐らく半分は持つかな?

国内未販売の1ランク上のナビゲーション、Wi-Fiでの高速通信、Di2対応の高機能Rider330も有ります。
しかし、日本語未対応、特に今の私に必要な機能でも無く、通信速度が速いのが良いくらいかな?
GPSサイコン買ってもスマホホルダーにスマホはセットして併用する気なのでスマホで出来る機能は
不要なので今回はBryton Rider310Cサイクルコンピューター(ケイデンスセンサー付き)を買いました。
買ってからBlog書くまで時間がかかり、その間にRider410が発売してしまい今更ですが...

Rider310C購入!


購入したのははRider310Cのケイデンスセンサー付き、クランクの回転数を測定するセンサーです。
要はエンジンのタコメーターですね。
ケイデンスセンサー不要の場合はRider310を買って下さい。


製品仕様
■ Rider 310
■本体サイズ: 45.1x 69.5 x 17.3mm
■重量:56g
■ディスプレイ: 1.8LCD
■バッテリーの稼働時間: 36 時間
■GPS: 高感度チップセット
■防水機能: IPX7
■ワイヤレス 通信: 2.4 GHz ANT+, Bluetooth Smartワイヤレステクノロジー
■アラート: あり
■ラップヒストリー: 130 ラップ
■ログヒストリー: 300 時
■心拍数: 7 ゾーン 
■操作温度: -10C°~ 50C°
■言語: EN/FR/DE/IT/ES/NL/DA/NO/SW/FI/PT/JP/KO/TC/SC


Rider310C 開封!


内容物は本体、充電用のmicroUSBケーブル、ケイデンスセンサー(クランクの回転数計測)
マウント取り付け用ゴム、ケイデンスセンサー取り付け用ゴム、説明書。



ケイデンスセンサー


電池はCR2032でかなり小型、マグネットセンサー不要でゴムリングでクランクに取り付けるだけ!
電池は入ってますが絶縁シートが入ってるので蓋を開けて抜く必要があります。
丸の左端に鍵マークが有りますが、右の突起を上に上げてロックを解除します。



ロック解除
これで蓋が外せます。



蓋を開けて絶縁シートを剥がし元通りに組みます。



ケイデンスセンサーは裏に滑り止めゴムシートを取り付けてゴムリングで取り付けるだけと簡単!
私の場合は電池をセットして回すだけでケイデンスを感知しました。



マウント取り付け。


付属取り付けマウントはハンドルバーやステムに取り付けが一般的ですが今回は元から付けてた高さを
上げるカーボン製のエクステンションに付けました、マウントの切り欠きを縦に向けて取り付けます。
これもバーにゴムリングで取り付けるだけなの1分も掛かりません。
レックマウントからついにブライトン用が販売されました!



いよいよ電源オン


真ん中のオレンジのボタンを押して電源オン!数秒で立ち上がります。
電源ONで屋外は15秒ほどでGPSを検知します。





初期設定は言語設定だけ!


電源ONで最初に最低限の初期設定をします、日本語対応ですが英語等お好みの言語を選んで下さい。
電源ONで言語設定さえすれば最低限の初期設定終了で中央オレンジボタンを押してログ計測スタート!
とりあえず走りたければそのまま即走行可能と簡単です♪



各種設定


取り付けが済めばプロフィールの設定、以前のサイコンの総走行距離の引き継ぎ、画面表示項目を好み
の画面表示に設定変更Mバックライトの設定、スマホと連動させる場合はスマホアプリのインストール等の
設定等を済ませて充電します、充電は空から4時間、電源OFFは左ボタンの長押しで電源が切れます。

初期設定の各種表示項目です。
初期設定は接続された各種センサーに合わせたオートモードで表示されています。



好みの表示項目に変更します。


初期設定は表示項目の変更不可のオートモードなので設定変更が必要です。
左ボタン、設定→計測→画面表示→画面設定→手動→画面表示→ここでお好みで表示設定を変更します。




走行距離の引き継ぎ


今までのサイクルコンピューターの総走行距離を引き継ぎたい場合は左ボタン、設定→プロフィール→
自転車概要→自転車1+2→ODO→距離設定で数値を変更できます、ボタン長押しで早送りです。

走行距離はODO総走行距離と電源OFFで消える走行距離、電源OFFで消えないトリップ1、2が有ります。



トリップは左ボタン、設定→プロフィール→自転車→概要→自転車1か自転車2を選んでリセット。



ほぼナイトライドなので超重要なバックライト


結構明るくはっきり見えます!点灯タイミングは時間に合わせて自動で点くオートモード、常時ON
常時OFF、ボタンを押したときに指定時間点灯(秒単位で設定可能)と自在に設定出来ます。
(照度設定は固定)

ただ、時間指定でOFFだと夜走行しててなにかボタンを押さないと点かない訳でバックライトは消灯
してて画面1に設定してるとします、何かボタンを押さないとバックライトを駄目な訳で、画面を
切り替える、ラップを測るなどしないとバックライトが点かない。
画面1を見たいのに他の画面に切り替えて画面1に戻すか不要なラップを計測するなどしない駄目。
私としてはバックライトをタイマーOFF設定のときは何かボタン1回押せばバックライト点灯のみ。
バックライト点灯中にボタンを押せばボタンの機能が働くようにすれば使いやすいと思うんですが?
面倒なのでほぼ夜しか走らないので常時点灯にしてます、昼走る時はオートモードを使います。

走行しながらの充電。


レビューなどを見ると充電しながらはコネクターが当たるので不可となってますが付属品のmicro USB
コネクターの充電端子がゴツいだけです。
市販の薄いmicro USBコネクターな問題無く充電しながら使用できます!(これはセリア)


100㎞超使って見て。


今までの電池式のサイクルコンピューターを2個使ってきましたがそれとは感覚が違う部分が有ります。
今まで物は何も触らなくても走行距離のカウントをしてましたが、これは電源が入ってないと記録しません。
CATEYEのV3nはスリープ状態でスピード、ケイデンスの表示してなくても距離のカウントはしてましたが
これはしません、おそらく消費電力の大きいGPSサイクルコンピューター全般の仕様かな?
データロガー機能は使わないけどチェーンやタイヤの管理で総走行距離のカウントをしたい場合でも電源
はONにしておく必要が有ります。
電源ONで走り出すと初期設定ではアラート機能でデータロガー機能をONにしますか?と尋ねられます。
初期設定では1回、定期的に表示させる事も表示をOFFにすることも可能です。


良い点
ANT+ 対応GPSサイコンがケイデンスセンサー付きで国内13000円~15000円前後と安い!
ケイデンス不要なら更に安い。
日本語対応で設定も比較的簡単、一度使えば迷うことはほとんど無い。
バックライトも明るく、バッテリーが36時間のロングライフなので充電回数が少なく済み
バッテリーが結果的にバッテリーに優しく長寿命。
別売りでケイデンス、スピード(ローラー等に必要)ハートレート(心拍計)センサー対応。
画面表示は最大1ページ8項目×4ページの32項目自由自在に表示変更可能。
Brytonアプリへの転送と同時にStrava、Training Peaks、Fit trackへのアップロードに対応。
PCに接続して機能の修正バージョンアップに対応。


悪い点
速度センサー無しでGPSから速度計算してるので反応やや遅い、ケイデンスも反応がやや遅めかな?
ハイエンドの大画面液晶と比べるとやはり細かい文字はおっさんには見づらい。
設定したい項目が予想外の階層に有る。
他社含めゴム止のマウント全般だと思うがボタン操作で少し動くのでFマウントやレックマウント等
別売りのマウントが欲しいかな?


総合的な感想。
私の使い方としてレースや競技の使う訳でも無く夜仕事終わってから距離25kmから50km時には更にぼちぼち走行。
画面1はスピード、ケイデンス、時計、走行時間、走行距離。
画面2は平均速度や平均ケイデンス等を表示。





画面2

















半分の価格で、二倍の楽しみ。

■あなたが楽しむためにシンプルな、予算に対してお手頃な、または、トレーニング用の力強いサイクリングコンピュータを期待されているかどうかに関わらず、Rider 310 が、それらすべてに応えます。

■Rider 310 は、速度センサーの取り付けは不要で、電源を入れてスタートするだけで自動的に開始/停止し、あなたのサイクリング気分を高めます。

■新しいトレーニング・テスト機能を用いることで、将来のワークアウトを計画し、トレーニングの進捗状況を追跡することができます。

■ANT+ 心拍計 *、ケイデンスセンサー * およびパワーメーターをサポートする Rider 310 は、確実にワークアウトを次のレベルに引き上げることができます。

■大型の自動バックライトの読みやすい画面は、カスタマイズ可能なデータページを含む 70 のリアルタイムデータを同時に表示しますので、常に最高のワークアウトを行うことができます。

■GPS 記録オプションにより、ワークアウト後に人気の高いトレーニングウェブサイトに記録された FIT ファイルを共有することで他のサイクリストたちと比較・競争する機会が与えられます。

■すべてのサイクリストのために設計された Rider 310 は、シンプルで力強く、そして、お手頃な価格です。



革新的なGPSサイクリングコンピュータ

■優れたGPSサイクリングコンピュータ

■高速な位置測定を可能にする高感度GPSレシーバー。

■速度センサーの取り付けは不要です。 電源を入れてスタートするだけです。

■IPX7 防水

■大型で読みやすいディスプレイ

■最大 7 のデータページを持つ 8 つのカスタマイズ可能なデータスクリーン

■地形によるトレーニングのための内蔵気圧計

■Bryton テストがあなたの限界とトレーニングを体系的にテストするためにプリロードされています。

■ANT+ワイヤレステクノロジー

■高度なトレーニングを行うために ANT+ 心拍数モニタ、速度、ケイデンスセンサー、およびパワーメーターに互換性があります。

■昼間の太陽の下でもはっきりと読み取れ、夜間のサイクリングにはバックライトが利用できます。

■時計での統計表示、


2018-05-31 : ロードバイク 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

RC Maniax ARENA 新コースレイアウト初走行。

体調が戻って来たので3週間ぶりにマニアリ行ってきました。
阪和道が結構空いてて到着は19時半過ぎとやや早め。
しかし走行時間の三分の一は他の事してたのでYZ-2の走行時間は短めでした(;・∀・)

YZ-2 DTM2は前回からはセッティング変更は一切無し、中盤フロントウイング外した位で特に変更無し。



今回初めてマニアリグリッパーが無くなったのでおかわりしました。
おかわりは500円です安い!



マニアリ作成の店長走行のコース動画です。
新コースはヘアピンの進入とマニアリジャンプの進入でタイムが大きく変わるかな?
新しく設置されたジャンプは難しそうですが進入速度が適切だとそれ程難しくはありませんね。
ただ、タイムを詰めるにはできる限り低く短く飛んで、下りで加速付けないとダメかな?

路面グリップは悪くなく、ベストラップで18秒665、3Lアベ19秒136。
タイムの基準が分からないが新コースレイアウトの初走行で1時間半走った割にはぼちぼちかな?
安定性は全く無いけどね、(;・∀・)アハハ




ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2018-05-29 : 練習走行 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

木津川サイクリングロード半年ぶりの日中108kmライド。

前回の記事は4月にほとんど書きかけてたのを仕上げただけ。
GW前に風邪か?体調を崩してしまい、体調を崩すと右耳の突発性難聴から稀に三半規管も
調子を崩して目眩が出てしまい、一度目眩が出ると1ヶ月~2ヶ月消えないんですよね~
間にラジコンはレースにも出てましたが散々な結果でリタイヤ除けばべべでした(ー_ー;)

ようやく体調復活!
と言う事でしばらく休んでたが先週からロードバイク復活して25km3回走ってから108km走って来ました。
土曜日も仕事、日曜日は家族サービスなので日中走れるのは年数回しかなく今年は2回目(;・∀・)
朝から買い物行ってからで、娘が試験前なので早めに帰宅したので久々日中の午後15時から出発!



とりあえず奈良市の自宅から京都八幡木津自転車道線、通称木津川サイクリングロードへ。
20180524103856362.jpg


自宅から54kmここからでも43km有ります。
20180524104131796.jpg


当日は風速4mと結構風が強かったですが、湿度も低くとても快適でした!
20180524104351385.jpg


途中有名な流れ橋でしばし休憩。
20180524104819074.jpg


前回の大雨で流されてまだ工事中なのかな?重機が入ってました。
20180524104743657.jpg


空調有り、椅子有りで仮眠も可能なさくら出会い館に到着しましたがもう17時閉店前で休憩無し...
20180524104913703.jpg


何とか嵐山到着!
20180524104957459.jpg


超有名な嵐山の渡月橋です。
20180524105524813.jpg


18時の夕暮れ前でしたが結構観光客いましたね。





駅前以外は18時過ぎてたのでほとんどの店が閉店でした(;・∀・)
20180524105556209.jpg


コンビニでサンドイッチを食べて、ゼリー飲料飲んで嵐山を18時半に出発しましたが帰りは真っ暗!。
去年秋に18時出発で嵐山行った時はVOLT400は不安でしたが今回は倍の明るさのVOLT800投入!
まあ明るい!町中ではそこまで感じませんが街頭の一切無い真っ暗闇の田舎道、CRは物凄く明るい!
更に上のVOLT1700とかどんだけ明るいねん!VOLT1700欲しくなって来ました(笑)
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、自然


奥さん心配するのでチョイチョイLINEで連絡入れながら翌日は仕事なのでゆっくり走って帰宅。
普段は仕事終わって一旦帰って飯食ってから着替えてから基本25kmのナイトライドですが、久々の
日中ライドは楽しかったですね!帰りの真っ暗闇のサイクリングロードはかなり飽きますけどね(笑)
Bianchi Carbon C2Cもお疲れ様でした(^o^)
20180524105624783.jpg


50km以上を何度か走って体調を整えてフォームの見直し、ライディングポジションもミリ単位で
調整して身体の不調が出ないようにして真夏に入るまでに過去最高距離ライドを予定してます。
既に準備は進めてますが楽しみです♪

ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2018-05-26 : ロードバイク ロングライド : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

CATEYE VOLT800投入!

今までロードバイクで使ってたライトはVOLT400の400ルーメン。


走行の98%以上が仕事終わって帰宅して早くて21時前からの走行で街灯の有る知ってる道なら困らない
明るさは有るが、街灯の無い知らない道走る時はやはり物足らない…
全身真っ黒の服装で街灯無しの自転車道を散歩してる人とかが特に見づらくて怖い時が有るので夜間の
安全性を上げるために明るいライトが欲しい。
20180113161359948.jpg 


VOLT800


800lmのVOLT800を物色してたら国内11000円弱するのにイギリスで送料込みで7240円と爆安の
セール情報で追加で予備バッテリー別途買っても国内でVOLT800本体買うより安いので即ポチッと!
パッケージは海外仕様で国内仕様とは違うと思います。
20180303155023265.jpg


仕様


ミドルの明るさの仕様が海外350lmと国内400lmと仕様が違うとの情報が有りましたが今回は国内と
同仕様で一安心。




開封


中身はバッテリー取り付け済みのライト本体、充電用micro USBケーブル、取り付けのブラケット、説明書。
20180303155309034.jpg


VOLT800を選んだ理由


VOLT800にしたのは夜間50kmから100kmの長距離走ることも有るのでバッテリー一体型はダメ❌
バッテリー脱着式で予備バッテリーと簡単に交換出来る事が絶対条件となると選択肢がかなり限られます。
VOLT800ならネジ式のバッテリーを回して交換するだけなので簡単に交換出来て予備と交換して走ってる
間に別売りの充電器をモバイルバッテリーに繋いである程度は予備バッテリーを充電出来るのが決め手。
ヘタって電圧も低く容量も少ないがVOLT400のバッテリーも充電中のつなぎにも使えるしね。
20180303155514943.jpg



VOLT400とVOLT800の比較


見た目はVOLT400は艶ありとVOLT800艶なし塗装とロゴ意外ほとんど同じなので新鮮味は全く無い(^_^;)
写真では逆に見えますが全長はVOLT800の方が少し長いですね。
20180303155324700.jpg


充電端子


充電端子のカバーがVOLT400とは違いますね、なぜ?
20180303155348041.jpg



VOLT800各モードの明るさのスペック。


 ・点灯(ハイ): 800lm / 2h
 ・点灯(ミドル): 400lm / 3.5h
 ・点灯(ロー): 200lm / 8h
 ・ハイパーコンスタント: 800lmと200lm / 7h (200lm点灯しながら800lmで点滅するモード)
 ・点滅:200lm / 100h(国内仕様は80h、ここだけ海外仕様の方が時間がなぜ長いのだろう?)





VOLT800装着


見栄えはつや消しになった位でVOLT800のロゴ意外ほとんど変わりません(笑)


VOLT800装着


スマホのマニュアルモードの固定で撮影ですがイマイチなのでメーカーの比較画像も乗せてます。
HiモードのVOLT800の800lm2時間とVOLT400HIの400lm3時間の比較。
まずは上がVOLT800の800lm(ルーメン ) 800lm / 2時間
めちゃくちゃ明るくてVOLT400より白く、照射範囲も全域で均一に非常に明るく見やすい。

下がVOLT400の400lm、正直VOLT800の800lmが圧倒的に明るいですね、VOLT400は目玉焼き状に
中心の黄身部分がスポット的に明るく、横の放射範囲は広いが白身部分が暗いですね。





VOLT800のMIDモードの400lmとVOLT400のHIモード同じ400lmの比較。
同じ400lmでもスポット的なVOLT400と較べてVOLT800は全域で均一に明るいので実際走って見ると
VOLT800の方が明るく見やすいですね。






VOLT800のミドル400lmとVOLT400のミドル100lmですが全く比較になりません。
VOLT800のミドル400lm3.5時間なら普通には使えますがVOLT400の100lmは暗すぎてかなり厳しい。
その分8時間持つがそれなら同じ8時間持つVOLT800のロー200lmの方が絶対的に実用的。





VOLT800の200lmとVOLT400の50lm、これも比較にならない。
200lmは暗いながらも実用範囲でスピードを落としたら走れるが50lmはかなりキツイ。
ただ50lmは18時間持つがあんまり実用的では無いかな~





総合的に見てVOLT400の50lmの18時間のバッテリー持ちに魅力を感じる人意外はVOLT800が
オススメ!絶対的な明るさはVOLT1700ですが価格と持続時間を考えるとバランスではVOLT800は
かなり良いと思います。
VOLT400も単体で見れば暗い事も無く予備バッテリーと充電器セットのお買い物セットも有るので
コストパフォーマンスで考えるとVOLT400も十分有り!ロードバイクに乗るならVOLT400以下は私は
勧めません!初めてのライトでコストパフォーマンス優先ならVOLT400でも問題無いが、予算に余裕が
有るならVOLT800!VOLT800買って後悔する事は無いと思います。

VOLT800の欠点はVOLT400と比べてボタンのクリックの反応がワンテンポ遅い、画像はまた追加しますが
充電、バッテリー切れのランプがVOLT400に比べてかなり暗く点灯してるのか分かりづらい。
不満と言えば不満ですが全体としては気になる欠点では有りませんね!
明るく全身真っ黒の服装の人でもよく見えて安全性が一層高まり、ナイトライドも楽になりました😃



土曜日夜に予定してましたが風速5mの風に心折れて中止しましたが明日、去年の晩秋夜以来の嵐山
ライド予定、午後~夕方までに出発して帰りは夜になるので前回のナイトライドははVOLT400では不安
だったがVOLT800の今回は大丈夫だと思います!
ひさびさの往復100kmオーバーの長距離楽しみです!



ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx


テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2018-05-20 : ロードバイク 機材 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。
RCはヨコモYZ-2 DTM2
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon シマノ105-5700系に変更
初心者の超貧乏ローディです。

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


04 ≪ 2018/05 ≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム