個人の臭味のブログです。

au htc J butterfly #HTL23 その1 購入編

 htc J butterfly HTL23

購入編
バックアップ&データー移行編スペックテスト&使い勝手編の3部に分けました。
htl23_detail_00 (1)
  
<基本スペック>
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約70× 145 × 10.0 mm
重量 約156g
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時) ※1 約1,010分
連続待受時間
(日本国内使用時) ※1 4G LTEエリア:約430時間
WiMAX 2+:約430時間
3Gエリア:約490時間
充電時間 約120分(注1)
電池容量 2,700mAh
電池パック取り外し不可。
外部メモリ 推奨最大容量 ※2 128GB microSDXC™
内蔵メモリ容量 (ROM) ※3 32GB
内蔵メモリ容量 (RAM) ※3 2GB
アドレス帳登録件数 本体メモリの空容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプ メイン:Super LCD3
ディスプレイ(画面)サイズ メイン:約5.0インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色 メイン:約1,677万色
ディスプレイ(画面)解像度 メイン:1,920 × 1,080(FHD)
防水 ※4 ○(IPX5/IPX7)(注2)
防塵 ※4 ○(IP5X)(注3)
au ICカード au Nano IC Card (4G LTE)
OS Android™ 4.4
CPU MSM8974AC 2.5GHz クアッドコア


<通信>
4GLTE(800MHz)<プラチナバンド>
受信最大/送信最大(Mbps) ※5 75/25
4GLTE(2GHz)
受信最大/送信最大(Mbps) ※5 150/12(注4)
4G LTE
キャリアアグリゲーション対応 ※5 ○(注5)
WiMAX 2+
受信最大/送信最大(Mbps) 110/10(注6)
3G
受信最大/送信最大(Mbps) 9.2/5.5
3G
受信最大/送信最大(Mbps) 3.1/1.8
テザリング ○(最大8台)
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Miracast対応
Bluetooth® Ver.4.0
赤外線通信


<カメラ>
有効画素数 メイン:約1,300万画素
サブ:約500万画素
撮影素子 メイン:CMOS
サブ:CMOS
撮影ライト 静止画:○
動画:○
オートフォーカス機能 静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能・手ブレ軽減機能 静止画:○
動画:○
接写機能
動画最大撮影サイズ 1,920×1,080(FHD)
静止画最大撮影サイズ 4,208×3,120
静止画ズーム 4倍
動画ズーム 4倍


<テレビ>
テレビ(視聴) ワンセグ:○
フルセグ:○
(注7)
テレビ(録画) ワンセグ:○
フルセグ:ー
(注8)
テレビ連続視聴時間 ワンセグ:約6時間10分
フルセグ:約4時間10分
注7)付属の「HTC TVアンテナケーブル01」の接続が必要です。
注8)付属の「HTC TVアンテナケーブル01」の接続が必要です。
Eメール
受信メール保存件数
(最大容量/最大保存件数) ※6 約18.6MBまたは2,000件
送信メール保存件数
(最大容量/最大保存件数) ※6 約14.5MBまたは1,000件


〈マニュアル〉
初期設定
http://cscnt.kddi.com/guide/htl23/

明細説明書
http://www.au.kddi.com/support/mobile/guide/manual/htl23



特徴
特徴としてはカメラが売り、スマホで最高画質と言う訳ではないが普通に十分トップクラス画質。
2つのレンズで奥行きや空間の測定して、撮影後に前の人物に合ってたピントを
後ろの人間にピントを合わせたり、3次元効果も出来ます。
(最初からピンぼけの物を後から合わすことは無理です。)
フラッシュのLEDがツインになったのが地味に嬉しい。
SnapCrab_NoName_2014-8-30_11-32-4_No-00.png 


音質
音的には映画館の7割のシェアを持つ有名な大手スピーカーメーカーのJBLのイヤホン、専用ケース付き。
JBLのエンハンサーを効かせればライブ会場のような臨場感も再現可能
イヤホンにボタンと裏にマイクが有るので、音楽の再生停止、電話の着信通話もそのまま出来ます。
個人的には本体スピーカーが2個になりアンプの出力が上がって音質、音量がUPしてるのが良い。
ワンセグ、フルセグ、FMラジオ内蔵、音楽プレーヤー機能。
SnapCrab_NoName_2014-8-30_11-33-4_No-00.png


ホームアプリ
ホームアプリのSenseが6になり、画面OFFでトントンとタップで画面ONになったり
画面OFFから本体立てて上にスライドでロック解除等色々使い勝手が良くなってます。
SnapCrab_NoName_2014-8-30_12-17-16_No-00.png 


Dot View Case
auショップとauセレクション限定でHTL23 HTC Dot View Caseが販売(3400円税別)
閉じたままで色々ドット絵の用に表示させることが出来て、閉じたまま電話に出ることも可能。
SnapCrab_NoName_2014-8-30_12-17-40_No-00.png 


クーポン
初代butterfly HTL21を使ってて各種メールやSNS確認のライトな使い方でバッテリーが1日どころか
半日も持たなくなってきた。
最近の機種はほとんどバッテリー交換は不可能で修理扱いか、安心ケータイサポートで交換しかない。
本体メモリ16GBもパンパンで本体はメール受信出来ない状態になり慌ててSDに移動。
しかし規格最大の32GBのSDもパンパン。
どうしようかと思ってた所に夏デル最後発でauから htc htl23 butterfly の8月29日発売の発表!
しかし、htl21は年末に24回払いの購入なので残債が結構残ってるので発売日購入は悩んでる所に
auから10000円引きのクーポン到着!
これはauの判断で現htcのユーザーに送られて来るので、来ない方もいらっしゃいようです。
有効期限は10月31日まで。



上記の2年使っての実質16200円はオプションサービスのスマートパスに加入時の
割引価格なので注意!
クーポン無しの通常店頭の26200円の機種変更もスマートパス割引が前提の表示が
ほとんどなので注意!

(内訳)
機種変更から2年間、スマートパス401円から324円が毎月割で引かれ実質月77円で
スマートパスが使えますがスマートパス不要で加入しない場合は毎月割324円減額されます。
逆に言えば入らなければ毎月324円上乗せで324×24=7776を今回の16200円に足して23,976円が
2年使っての最終支払額です。
2年過ぎて解約すれば悪く無いとは思いますがスマートパスの解約を忘れた客が継続利用するのを
狙ってるのかな?
 

更に調べると家族セット割で各1万引きで嫁さんとセットでクーポン合わせて
各2万、合計40000円(税込み)引き!




更に調べると2014/9/15までですが指定プランと指定条件をクリアすれば機種変5000円OFF!
条件はauケータイ、auスマートフォンを16カ月以上利用。
電話カケ放題プラン、誰でも割り、データ定額5GB/8GB/10GB/13GB、LTE NET
条件はクリアしてるが、かけ放題不要、データ5GBじゃ足りないので新プランは不要。
8月29日に上記を適用して、即翌日に旧プラン&LTEフラットに申し込み、翌月に戻せる事を確認して契約。
クーポン10000円+セット割10000円+機種変お得割りで5000円で合計25000円引き!
嫁さん用と2台で5万引き!私は1台実質1万以下で購入。
SnapCrab_NoName_2014-8-30_10-29-42_No-00.png




au htc htl23 butterflyに機種変更。

噂通りの弁当箱サイズ。



〈開封〉
EVO、EVO3D、butterfly(1)butterfly(2)4代連続htcなのだが箱は一番大きい。




<内容物>
中身はマニュアル、アンテナケーブル01、映画館の7割のシェアを持つ超有名な
大手スピーカーメーカーのJBL製のイヤホン、専用ケース付き!



<イヤホン>
イヤホンはど派手なauオレンジ、きしめん見たいなフラットケーブルで絡みにくい。
スイッチ&マイクが有るので音楽を聞きながらそのまま着信が受け取れます。
音質はBA式や1万超える物に比べると落ちるが付属品としては十分高音質。



次はバックアップ&データー移行編。




アクセサリー
ケース等アクセサリーはまだそんなに出てなく選択肢は少ないです。
基本的に大手のメーカーで家電量販店で買えて、無くても発注出来る物をご紹介。
色んな色、柄、表面処理で多彩な定番のレイアウトのハードシェル系。



滑りにくいシリコン系



落とした時の衝撃吸収性が最強のTPU系。
落とす自信の有る私は当然TPU素材を選択!とりあえず同じエレコムを買って見た。
クリアですがHTL21用はスリガラスの半透明でしたが、これは透明度が結構上がってますね!
HTL21はこれを使ってましたが何度も派手に落としてますが無傷です。
防指系低反射保護フィルムも付いてます、取り敢えず付属を使ってその間に情報収拾して吟味。
今回はフラットガラスなのでまだ極一部しか出してませんが保護ガラスも選択肢に入れてます。



ラスタバナナから手帳型合皮カバーが出ましたね。



保護フィルムはすべすべタッチ光沢・指紋防止フィルムや



さらさらタッチ反射・指紋防止フィルム等各メーカー機能性を持たせて多種多様。



HTL21はラウンドガラスの為に発売されませんでしたが今回発売されたので
今まではガラケー時代から使ってる信頼のASDEC製を発注。
届いて貼れたらレポ書きます。



フイルムは貼りたく無い方にはガラス自体にガラス被膜のコーティングして傷防止、指紋や汚れを防止する物が有ります
これが割と評判良いみたいだし、嫁はフイルム要らないとの事なので注文してみた。
画面を水拭きして、塗って水拭き、完全固着まで8時間、4回コーティングしてみた。
驚くほどの滑りとは言えないが確かに滑りは確実に良くなったし、指紋汚れも付きにくく簡単に落ちる。
傷つきにくさは試したく無いw 硬質なガラスコーティングなので多少は期待出来るかな?
フイルムレスで使うならオススメ出来るかな?



メモリ-カードは今回microSDXC対応なので128GBまで選択できますが信頼のSanDisk製は
並行輸入でも軽く1万超えるが容量が欲しい方はオススメ。



128GBはかなり割高なので却下、SanDisk 64GB CLASS 10 microSDXC UHS-I 最大30MB/秒
コストパフォマンスが一番良い64GB CLASS10 3980円を選択。








テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2014-08-29 : htc au butterfly htl23 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


03 ≪ 2017/04 ≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: