RCとロードバイクが趣味のブログです。

TRF417組み立て その1

先ずはカーボンパーツの組み立て前の事前処理。

カーボンファイバー炭素繊維強化樹脂(CFRP)はカーボン繊維を編んだ布を何層にも重ねて樹脂で
固めた物で非常に硬く軽い、ただし加工に時間も手間も掛かるために高価。
そのままだと横からの衝撃で剥がれたり、割れたりするし、鋭い切断面で怪我するので
角をヤスリ(ダイヤモンドのヤスリがお勧め)で面取りして、剥離を防ぐために
瞬間接着剤(低粘度)を外周全部に流します。
プライマー(硬化促進剤)を使えば一瞬で固まります。
仕上げに1000番程度のペーパーで中仕上げ、コンパウンドでFinish。

しかしカーボンパーツの部品点数多すぎ、私は瞬着流し大嫌い。
DSCF1673.jpg



乾燥待ちの間に順番を変えて足回りの作製。
まずはサスアームのリーミング加工、使用工具はコーセー社製KK-0155 φ3.02のハンドリーマー。
DSCF1678.jpg
新品のサスアームはサスピンの穴の精度が悪く動きが硬い。
新品のサスピンを通し、確認しながら何度も少しずつリーマーで穴を広げて行きます。
ストンと落ちすぎるのもダメ、穴を広げ過ぎてガタが出ないように、しっとりスルスルに仕上げます。
絶対に必要なので是非買ってください。
サスピンが短い方は基本ほとんど無加工で行けますが、2.62mmのリーマが有ればベスト。


リアのナックルは使わない穴にイモネジを打ち込んでピロの抜けを防止。
DSCF1700.jpg

ちなみに結構古い旧ロット416用と品番同じでも最近のロットは新型アクスル用にマイナーチェンジして
上部に隙間が有り、隙間の無い旧型はピンを止めてるバネが当たるので旧ロット使う場合は要加工。
DSCF1680.jpg


今回ユニバーサルシャフトの接続方式も一新(ホイールアクスルが新規)。
ピンをイモネジで止めてる方式は片側に重心が集中しブレが出やすく、イモネジ緩んで
ピンが動く事も有る見たいですが、新方式はクリップ状リングでピンを止めてぶれを抑える
新方式を採用、緩みも無くなります。
ユニバの長さは前後44mm 、可動領域も増えて、フル舵角でもガラガラ鳴らない。

DSCF1679.jpg



サスボールはバリで貫通してない者も有るので、一度貫通させてスムーズに動くように。
DSCF1684.jpg



Cハブの組み込み、サスアームの接合、リヤアップライトの組み込みで指示通り組むと
結構固くなる事が多いので、私はショートリバサス側を少しずつ削り、スムーズに動くようにしてます。
Cハブもバリを削ってスムーズに動くように。
足回り完成、ショートリバサスのダンパー、スタビのピロボールの位置は再度確認。
DSCF1683.jpg



次回はデフ組み立て。


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2010-12-17 : TRF417 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

いいな~( ´ ▽ ` )ノ
新車いいな~( ´ ▽ ` )ノ
明後日は新車で出場ですか?
良い走りをYouTubeにアップしますよ~
2010-12-17 22:50 : うら URL : 編集
知ってる方も多いある事件がトラウマでw
416Xは絶対買わないと決めてたので春から待ってました。
417は迷うこと無く即予約。

出きれば明日一日練習とセッティング出きればレース投入も考えましたがさすがに無理!


416が大破したら考えますw
2010-12-18 04:14 : dora URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。
RCはX-RAY XB2 2016D
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon SHIMANO 105-5600系

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: