RCとロードバイクが趣味のブログです。

LRP SXX Stoc Spec VERSION2 LR80915

LRP SXX ストックスペック バージョン2


lr80915.jpg

■スペック LR80915
走行モード 前進/ブレーキ
入力電圧 3.7V~7.4V
走行モード @20A-0.013A/Phase
モーターリミット 4.0T 5セル(6.0V)時
4.5T 6セル(7.4V)時
定格電流 764A/Phase
BEC 6.0V / 3.0A
サイズ 30.5×33.0×21.0mm
重量(ワイヤー含まず) 36g

■デュアル ADPC マックス ソフトウェア2: ブーストとフィーリングを独立して調整可能。
■最大限の柔軟性と、ハイパワーを発揮します。
■ツインBEC : 革命的なBECシステム!3.0V~7.4Vまでのバッテリーで、コンスタントに6V/3Aの
■安定した出力を実現。リポ1セル又はNi-MH4セル使用時に受信機バッテリーを必要としません。
■ 革命的な内部温度チェックシステム3 : LRP独自の内部温度チェックシステムが更に進化しました。
■オートセルシステム2 (入力電圧3.0V~7.4V): 完全に調整可能なカットオフシステムで全ての
■バッテリーに対応。
■エクストラ スモールサイズ : 小型サイズで搭載する車種を選びません。
■C3テクノロジー : 革命的なカッパーコアクーリングテクノロジーによって走行中の温度上昇を抑えます。
■USBソフトウエアアップデート



セッティングにPC不要のお手軽派なら今年も現状Stoc Specが最強。
VERSION1→VERSION2の見た目の変更点はヒートシンクサイドのシールのみ。
でもハッキリとトルクが上がってるらしい。
sxx-ss-v2.jpg

とにかく設定項目が少なく悩む事が無いのが魅力。
スポーツクラスも評判が良く、VERSION1よりはモーターの温度上昇が抑えれるのもポイント。
スポーツクラスも設定が楽なVERSION2に移行した人結構居る。

あと安くて高性能なHW120Aも魅力的、ちなみにコースレコードはHW+神風!



































逝ってしまった。
DSCF0133.jpg 
韋駄天さんのお勧めも有り、色々売却し逝ってしまった。
私が買った時は国内在庫が切れてた時期でKIZUで聞くと当分先と言われ探した。
VERSION2のマーク以外全く見た目は同じ、しかもシールなので剥がせば絶対分からない。
よく見ないと変わってても全く気づきません、カミングアウトするまで誰も気づかなかったw
電源入れて無音なのがVERSION2の見分け方かな。
でも走るとトルクは確実にUPしてます! 私でも分かる位!


まずは初期設定。
プロポの電源を入れてESCの電源入れて、SETボタンを3秒以上長押しで初期設定開始。
セットを押して、ニュートラル設定。
スロットルを全開にしてセットを押して、ハイポイントと進行方向の設定。
バックに入れてセットを押して設定完了と簡単。
ss v2 s 




取りあえず、温度管理さえしっかりしてれば、PC不要でESCの設定に悩まなくて良いのが
LRP SXX ストックスペック一番の特徴ですね。
PRO SPEED KIZUのマスタークラスのKV3000以下ではブーストは0以外の選択肢は無し。
ブースト1でも問題外にKV値が上がるので0以外無理、それでもVERSION2を使う価値は有る。
ベクターX12 ストックスペック 17.5Tとの組み合わせは当然ながら相性良いと思う!
トルクフィールはX12の場合1~5で好み次第ですが1~3辺りかな?(KVの変化は無し)
トルク、レスポンス共に、フィール2でも十分な感じ!
VERSION2はVERSION1と違い、フィールの名称がトルクフィールに変更になり
今回LRP X12モーターとその他のモーターと明確にプログラミングを分けてます。
トリニティ等の高回転型のモーターと、LRP等のトルク型モーターでは特性が違うために
VERSION2では明確にプログラミングを分けた模様。
試しにX12で他の高回転モーター用のプログラム、トルクフィール6と7にすると全くダメでした!


設定項目(プログラミング。)
MODEボタン長押しで、設定開始。
MODEボタンを押せばMODE1.→MODE2.と進行し、ランプの点滅回数で設定の確認。
各段階はSETボタンで変更。

MODE.1 低電圧カット設定
MODE.2 パワーフィール10段階、
MODE.3 ブースト10段階→VERSION2で12段階に増加。
MODE.4 ニュートラルブレーキ10段階

以上の4個のMODEとのみと超シンプルな構成。
設定もボタン2個とLEDの点滅回数の確認だけと簡単なので一度覚えると説明書は要りません。
LR81800 USBブリッジとPCを使用して常に最新のソフトウエアを使用できます。

ssv2p.jpg 



多少VERSION1よりはややこしくなりましたが、推進設定が説明書に載ってるので
そこから始めれば間違いないかと。
ss v2f 



年明けから評判は聞いてましたが、コケて完走出来ないのに無駄と我慢してましたが
バネ変えて完走率が一気に上がり安定して来たので、今回は思い切りました。
バネ変えて劇的にタイムが縮まったのに比べれば効果は低いですが、確実にタイムUPしてます。

HWと最後まで迷いました、V2との価格差は3倍でコストパフォーマンスは完璧にHWの勝ち!
ですが、ESCのセッティングに時間の取られたくない私はセッティングに悩むどころか
マスタークラスではセッティングの選択肢がトルクフィールしか無いV2を選択。
シャーシ、パワーソースで何一つ言い訳が出来ない27周出て当たり前の環境w

V2投入してしばらく経ちますが、未だに27周は何やっても出てませんが

明日こそ27周

DSCF0160.jpg 

その代わりにイッパイ売りさばきましたよ

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村
クリックよろしく!

2011-04-29 : ブラシレス関連 : コメント : 5 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

doraさん、おいらはV1使ってますが美味しいKVが出んとです。
X12にもう少し細かい調整が出来ればよいのですがねぇ~。
何とか成らんですかねぇ。
2011-04-29 23:22 : マグナム URL : 編集
>>マグナムさん
確かに!私は走行直後でkv2880程、もう少し上げたい所ですね。
KAWADAのアダプターでも個体差で美味しいところが出ませんから難しい。
私はKAWADAの2.5度では合いませんでしたね。
1度単位が欲しい所ですね!自作してる人も居ます。
私もそのうち作ろうかなw
2011-04-30 09:06 : dora URL : 編集
doraさん、作られる時にはおいらのも宜しくです。
2011-04-30 22:52 : マグナム URL : 編集
自分のもお願いします。
ジュース何本でよろし?v-411
2011-05-01 01:32 : yana URL : 編集
>>マグナムさん
>>yanaさん

いやいや、自作と言っても1から削り出しでとまでは面倒だし時間無いので考えてません。
聞いた話で純正KAWADAのを中を削ってガタガタにして隙間を作り隙間を埋めながら
調整して美味しい所を見つけてると。
それなら簡単に出来そうです。
自作と言うより改造ですね。

ただKV100程度ならそこまで追い込んでタイムに反映されるかは微妙かな?
200とか追い込めるなら差が出そうですが。
2011-05-01 08:43 : dora URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。
RCはX-RAY XB2 2016D
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon SHIMANO 105-5600系

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: