RCとロードバイクが趣味のブログです。

SANWA M12

NEXT INNOVATION  SANWA M12

 VisualM12_R.jpg      

さらなる深化が、すべてを凌駕する想像を超えたレスポンスと革新の戦闘機能を
兼ね備えたフラッグシップ機 M12 登場。

◆レスポンスは“体感ゼロ”の領域へ従来品をはるかに超える高速レスポンスを実現。
 ドライバーの意思に直結するドライビングフィール。
◆状況によってセッティングを瞬時に変えるレーシングモード機能D/R、トリム、カーブ等の
 各設定を記録し、ドライブコンディションに合わせてワンタッチで設定切り替えが可能に。
◆大幅な軽量化の実現ドライバーの負荷を減らすべく、内部構造の変更による軽量化に成功。
◆充実のロガー機能とPCリンクスロットルやステアリングの操作量、受信機からの
 テレメトリーデータを記録・確認でき、専用のケーブルによるパソコンへのデータ移行に対応。

[新機能]
●カータイプセレクト(10種) ●レーシングモード(5系統) ●セーフティーリンク ●テレメトリー機能 ●LOGセットアップ(REC/RPM/VOLT/TEMP1/TEMP2/RX MODE/ST POINT/TH POINT) ●モニタリング機能 ●ブートメニュー ●PC-LINK ●ランゲージ ●インフォメーション ●アッカーマン(デュアルステアリング) ●レーシングモード ディレイ ●CODE AUX1/AUX2 ●フィーリング ●カーブ(9/18ポイント) ●128×256大型フルドット液晶モニター ●カスタムメニュー ●メニューセレクター(マルチセレクター操作) ●フルアジャスタブルトリガー ●本体内蔵ダブルアンテナ
[M11XからのUP機能]
●ダイレクトモデルセレクト ●Li-PO対応バッテリーフェールセーフ ●スロットルタイプ(70:30 / 50:50) ●ポイントAUX1/AUX2 (2~6ポイント) ●4WSミキシング(FRONT/REAR/NORMAL(同位相)/REVERSE(逆位相)) ●MOAミキシング(前輪駆動/四輪駆動/後輪駆動) ※駆動比可変 ●スピード(ST/TH) ●モデルソート ●オフセット ●チャンネルセット

[その他機能]
●ST, THテンションアジャスター ●左右ドライビングポジション切換機能 ●モデルメモリー機能(50モデル) ●モデルネーム(14文字) ●モデル(セレクト/コピー/クリア) ●RF MODE設定(FH4T/FH4FT/FH3/FH3F) ●レスポンスモード設定(NOR/SHR/SSR)※注意 ●バインド ●サーボモニター ●キーアサイン(SW/TRIM/DIAL/LEVER) ●ブザー(音階・音量変更) ●バイブレーター ●LCDコントラスト ●AUX TYPE設定(AUX/AUX1/AUX2) ●トリムタイプ(センター/パラレル) ●ボリュームアジャスト(ST/TH/LEVER) ●バッテリーアラーム ●ユーザーネーム(14文字) ●エンドポイントアジャスト ●トリム/サブトリム ●サーボリバース ●フェールセーフ(電波) ●タイマー(ラップ/インターバル1/インターバル2) ●デュアルレート ●カーブ(エクスポネンシャル/アジャスタブル レート コントロール/ポイントカーブ) ●アンチロックブレーキ ●ブレーキミキシング ●スロットルホールド ●コンペンセーションミキシング(C-MIX1/C-MIX2) ●メカ式舵角調整 ●4セル仕様 ●対応受信機:RX-471, RX-451R, RX-451, RX-381, RX-461, RX-462

[付属品]
●グリップパッド(ラージ/スモール) ●ラージステアリングホイール ●ステアリングオフセットブラケット ●ステアリングスラントブラケット



既に周りで数人が使用していてM11Xと比べてもレスポンスが別物との評価。
完全アンテナレスで新設計のコンパクトで軽量な筐体に、メニュー体系も刷新。
付属品も多岐に渡り、かなり個人に合わせた微調整が可能との事。








































M12逝っちゃいましたw
fc2blog_20120714094514d26.jpg
当初買うつもりなんか無く、ユニバとサーボ買いに行って気がつくとカゴに入ってましたw
もう一台充電器買うつもりで貯めてた貯金と手持ち足して、残りは取り敢えずカード2回払い。
M11Xを処分してカード請求来る間になんとか色々売りさばき乗り切る予定w
T3大破させない事が命題。


さて、箱を開けて行きますが箱も豪華!箱の中身は三層構造と気合を感じる。
1層目は説明書とステッカー
fc2blog_201207140945451cc.jpg


2層目は付属品の各種オプション。
fc2blog_201207140946058db.jpg


三層目でやっと本体が登場!
fc2blog_201207140947053b3.jpg


本体と各種付属品。
fc2blog_20120714094744778.jpg


受信機RX461とRX471の比較ですが 結構小型化されてる。
2012-07-13 23.53.11_R


購入したのは一番安いPC(プライマリーコンポーネント)のDRY仕様(バッテリーレス)
なので4セル仕様の乾電池のケースが付いて来るので、エネループをぶちこみました。
fc2blog_20120714094813321.jpg


エネループ使ってバックライト常時点灯で4.6Vまで連続放電テストで15時間以上持ったので
バックライトOFFで、実走行では間欠使用なので15時間以上余裕で持つのかな?
kizuで1時間中走行10分、11時間営業時間一杯休み無く走って110分×月4回走行で8時間弱
普通の人間なら充電は2ヶ月に1回で十分では無いかと思います。
私のペースなら充電3ヶ月に1回でも行けそうな感じ!
DSCF2673_R.jpg


まずは標準仕様。
スイッチが大量に付いてますw
fc2blog_201207140949084be.jpg


付属のブラケットと標準に加えてスラント角度も標準含め3段階に変更可能。
大径ホイールも付属。
fc2blog_20120714094936b31.jpg


グリップも標準、S、Lと3種類。
fc2blog_201207140950555f2.jpg
その他にステアのバネも標準含め3種類、バネの硬さも微調整可能。
スロットルの位置は調整幅5mm、ネジで微調整出来て広範囲の調整が可能となっています。
スロットルのトリガーアングルは標準含め5段階の調整が可能。


ステアリングオフセット ブラケット付けるとM11Xのステアの高さが同じになります。
fc2blog_20120714095130216.jpg


手の小さな私はSグリップが握りやすく、テニス用の0.5mmの極薄の滑り止めを巻いてみました。
DSCF2585_R.jpg 


ステアリング ブラケット、 スラント ブラケットを付けて角度もつけると操作性も良好!
(これが一般的な取り付け方法とご指摘を受けたので画像を訂正しました。)
DSCF2904_R.jpg 


メニュー操作は左右のセレクトキーとマルチセレクターとバックボタンで行います。
DSCF2588_R.jpg


 メニュー体系がM11Xと全く違ったので最初は戸惑いました。
慣れれば使いやすい。
DSCF2590_R.jpg


今回私が特徴的な機能と感じたのはレーシングモード。
予め設定しておけば、スイッチひとつで簡単に5パターンのセッティングが呼び出せます。
DSCF2605_R.jpg



走行テストですがT3は前回とセッティング完全にそのまま、新品サーボと新品プロポの差だけ。
しかもレース当日にいきなり投入と言う超無謀な試みw
取り敢えずトリム調整だけして使ってみました。

なんじゃこりゃ~噂通りに、かなりなレスポンス!
コレは私には無理とセッティングいじってレスポンスをM11X+α程度に変更しましたよw
他のコースならレスポンス全開でも+に働くのでしょうが、kizuは超ハイグリップなのでレスポンス速すぎても
車のセッティングによっては+に働かない場合も有るそうです。

で再挑戦、解像度自体も確実に上がってる!ライン取りミスして、あ、ヤバイと思っても戻りはそのままで
速いのでミスを回避できる回数は上がって大ミスは減りそうな感じ。
先週セッティング変更で更に曲がるようになった上に新品サーボと新品プロポの組み合わせは
違和感までは無いが車の曲がりとメカの反応の速さに人間が付いて行けないw
それでもレースでイキナリ投入と言う暴挙に出ても問題は無く、遅いながらもミスの少なさだけで
Bメイン5位と悪くない結果にはつながった。



M11Xから乗り換えて良い点。
1. 謳い文句通りの想像を超えた高速レスポンス 
2. 軽い!11Xより100g近く軽いのでハッキリ体感出来る軽さ。
3. 標準装備のパーツだけでポジションをかなり自分好みにカスタマイズ可能。
4. 操作体系が刷新されたので最初は戸惑ったが慣れると使いやすい。
5. 状況によってセッティングを瞬時に変えるレーシングモード搭載
6. 4セル化、アルカリ、ニッ水、さらにリポ、リフェに正式対応。
7. モデルメモリーが50台w
8. セレクト、バック、各ボタンを押しながら電源入れるだけで設定した3台を簡単に切り替え可能なDMS
9. 消し忘れ防止のアラームを装備。(リポの過放電対応。)
10. eneloopで15時間以上持つ省燃費設計。
 
M11Xから乗り換えて悪い点。
1. モニターのバックライトでブルーが選べなくなってた。
それくらいしか不満が見つからない位に良い!!!
SANWAの本気度が伺える。


次のステップに行くにはクルマや、メカじゃ無く腕の問題なのは重々承知してるので
T3、メカの良さを活かすために、とりあえず指摘され続けてる、ステア操作の癖の矯正に勤しみます。



クリックよろしく!
RC Maniax GigaLinx
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ
にほんブログ村

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2012-07-19 : 周辺機器 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

プロポを変えて好結果が出たのは嬉しい限りですね。
実際に持たせてもらって軽さに驚きましたよ。
個人的には8番の簡単にメモリー選択できるのがいいですね。
あと細身のグリップも指の短い自分には好印象で少し羨ましくもありますが自分は「青いバックライト」のMT-4で頑張ります。v-411
2012-07-23 01:01 : yana URL : 編集
Re: タイトルなし
>>yanaさん

好結果とは言えないまでもイキナリ投入で外しはしなかったですね。

軽さとカスタマイズ性の高さは良いですね。
確かに3台を画面操作無しで簡単に切り替えできるのは便利だと思います。

青いバックライトのMT-4もかなり目立って良いのでは無いでしょうか?
私は青いバックライトが好きだったの少しショックですw
2012-07-23 20:18 : dora URL : 編集
こんにちは、M12の写真でちょっと気になりましたが、スラントブラケットは、本体~ブラケット~スラントブラケット~ステアリングハンドルの順につける方がいいですよ。
基本下げる位置がM11と同じスラントはステアリングハンドル自体をひねる形に付けます。
でひねる方向も逆です。自分側にひねるのではなく、ハンドルは外側にひねります。それで持ちやすいポジションになります。
2012-07-28 01:35 : ダットラ URL : 編集
Re: タイトルなし
>>ダットラさん
M11には付いてなかった物なので…

今週は用事でお休みなので、次回試してみますねe-271
情報ありがとうございました
2012-07-28 16:30 : dora URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。
RCはX-RAY XB2 2016D
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon SHIMANO 105-5600系

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: