RCとロードバイクが趣味のブログです。

レーシングパンツ投入! 初の50km超え。

XB2のパーツはまだ来ない、金曜日夜まであと2日間がリミット、届いてくれ(;・∀・)

Bianchi MONO COQUE 928は冬から春まではチョイ乗りしかしてませんでしたが色々有り
教育的指導が入り、運動と肩のリハビリを兼ねて筋肉痛と戦いながらぼちぼちと走ってます。
前回は43km走ってお尻の痛みで苦しんだので安いインナーのレーシングパンツを投入しました。
DABADA(ダバダ)製で価格は1198円です。
20170425154152657.jpg 


お尻に3Dゲルのパッドが付いてて痛みを軽減。
効果絶大!70%以上大幅に痛みは軽減され長距離はレーシングパンツ必須だと思いました。



グローブは1年前にジャパンで買ったネオプレーン1000円の防寒タイプなので、もう暑くてキツい。
指切りタイプで片面メッシュタイプの夏用グローブ1598円を購入。
20170425093149137.jpg 


手のひら部分にゲルクッションが入ってて、更にすべり止めにもなってて抜群のグリップ!
手の痛み、疲れが大幅軽減!これはリピート確定なお気に入り商品です(^o^)
20170425093132916.jpg


今回は天理経由で田原本のかなり桜井よりの川沿い経由を走行、朝は寒かったので極薄のウインド
ブレーカーを着て、長袖のコンプレッションウェア上下+Tシャツジーパン。
7時前に出て帰りには上脱いでちょうど良かった、快晴で本当に最高の天気に気温でしたね。



帰りに大和郡山市の川沿いの菜の花を見ながら気持ち良く走ってたら注意文は無しで行き止まり(笑)
春ですね~




今回は先週より距離を伸ばして初の50km以上の50.8km走って来ました。
やっぱりそこそこ筋肉痛です(^_^;)
自動代替テキストはありません。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-04-26 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

内装式シフトワイヤーの交換にメンテナンススタンドの導入。


Bianchi 928C2Cは前回のブレーキケーブル交換はスムーズに上手く行きましたが
今回は一気にハードルが上がってシフトのインナーケーブルとアウターケーブルの交換です。

最初に購入した2000円のディスプレイスタンドを仕事場での駐輪、洗車、チェーン専用、注油に使ってます。
スタンドが無いので本来はディスプレイスタンドをスタンドの替わりに駐輪、洗車まではOK
チェーン洗浄に注油レベルでも安定性が悪く最悪ロックが外れてるので、メンテナンススタンド欲しい。
20160303215058738.jpg  


シフトケーブルのインナーとアウター交換は快適とは行かない思うが多分問題はない。
問題はその後の面倒なディレイラー調整を素人がやると考えるとやはりやりにくい。
プロは数万のメンテナンススタンドを使ってるがそんなの買えるわけ無い。
色々探してると色々と形状が有り、安い物は4000円程度から有るが評判は良くない。
PC周辺機器を出してるサンワから出てるメンテナンススタンドが7500円で有り、評判も良い。
サンワダイレクト 自転車メンテナンススタンド 高さ調節 118~200cm 工具トレー付 800-BYWST1
フレームかシートパイプを掴んで固定、高さも118cmから2mまで調整出来ていろんな角度に自由自在。
自転車メンテナンススタンド(ワークスタンド・ディスプレイスタンド・118~200cm・工具トレー付) 


自転車メンテナンススタンド(ワークスタンド・ディスプレイスタンド・118~200cm・工具トレー付) 自転車メンテナンススタンド(ワークスタンド・ディスプレイスタンド・118~200cm・工具トレー付)


自宅での駐輪スタンドが無く立てかけてるだけなので駐輪スタンドとしても使える。
色々評価を見てかなりよさそうなので、購入時は更に5%OFFにコツコツポイントを貯めてたの使って
実質3000円弱で購入しました🎵 あ、嫁には内緒です(;・∀・) 
さすがに結構箱はデカいですね。
 


内容物
組み立て式ですが誰でも簡単に速攻で組み立てられます。
本体とマグネット付きトレーにハンドルを簡易固定のバーが付いて来ます。


組み立てるとこんな感じです。



固定部ゴム系素材でカーボンフレームも安定、クイックレバーで簡単に取り付け取り外しが可能。



購入の決め手は角度が自由自在に変えれる事、こんな角度も可能でフレーム下にワイヤー通すのも簡単!



2000円のディスプレイスタンドとは作業性は雲泥の差!めちゃくちゃ使い易い。
折りたためばこのサイズになるのでそれほど収納に困ることは無いと思います。



取り付けてみます。
結構がっちりしてて強度的にも何も問題なく見た目も7500円には見えない。



さて、準備も整い、シフトケーブルの交換作業に入って行きます。
20170409025324832.jpg 


シフトケーブルにも複数種類が有ります。
optislick-chart.jpg

エントリー
1. 一番安いスチール(鉄)安いが錆びやすいく、価格以外で選ぶ意味が少ない。
2. SUS(ステンレス)スチールよりは高いが錆びにくいので屋外保管や雨天走行するなら最低これ。

コーティング
3. オプティスリックコーティング 現行の105標準らしいです。
 (廃盤?)PTFEも一部店舗には残ってます。

ハイエンドコーティング

5. ポリマーコーティングケーブル。


作業開始!
屋内保管で基本雨天走行はしないとは言えスチールは無い、最低SUSで多分今付いてるのはSUS。
ポリマーコーティングが良いが次の機会には比較する楽しみとして今回はオプティスリックコーティングの
ケーブルセットを購入。
 


測るとインナーケーブルの長さは足りるがアウターの長さが足りないので別途アウターケーブルを購入。
アウターも純正の同じ物を2m購入、本来2mは売って無いが業務用の切り売りの物を販売してる模様。
切り売りの商品に丁寧にオリジナルの解説書まで付けて販売してるのは素晴らしい。
アウターケーブルOT-SP41はグリスを封入済みなので新品で組む場合は別途買う必要は有りません。
インナーのみ交換の場合はSP41ケーブルグリスが別途必要になります。
 


さて、準備は整って作業に入って行きます。
写真では分かりにくいですがインナーケーブルはオプティスリックコーティングで緑色をしてます。



作業方法はインナーワイヤーの状況次第で変える必要が有ります。
ブレーキと違い新品のアウターケーブルにはグリスが充填済みなので前回とは手順を変えました。
ディレイラー調整でギヤやチェーンの汚れで手が激しく汚れるので作業前にチェーン洗浄をオススメします。

私のやった手順。
1.前後のシフトレバーを操作してギヤを前後内側に移動する。
2.前後ブレーキのクイックレバーと調整ダイヤルを操作してブレーキを緩める。
3.インナーワイヤーの固形ボルトを緩めて、ネジで止めてて変形してる部分をカット。
4.レバー側のインナーワイヤー引っ張り出して古いインナーケーブルを上から抜く。
5.レバー側から古いアウターに新しいインナケーブルを挿入して内装部分を通す。
6.古いアウターケーブルケーブルを抜いて同じ長さに新しいアウターケーブルをカット。
7.カットした断面を処理して下からインナーケーブルに通す。
11.フロントディレイラーは少し押しながらインナーケーブルを引っ張りながらケーブルを止める。
12.余ったワイヤーをとりあえず長めカット。
13.ディレイラー調整が終わったらワイヤーを適正な長さにカットしてワイヤーエンドをカシメる。


まずワイヤーをロックしてるネジを緩めて、ネジで止めて変形したワイヤー部分をカットします。



前後のブレーキのクイックレバーを緩めて調整用ネジも緩め、ブレーキレバーを握るとフロント側は
横の穴から簡単にワイヤーが抜けるのでタイコ部分からインナーケーブルのみを引き抜きます
幸い内部でインナーケーブルに切れは無くてスムーズに抜けました。



リアディレイラー側はシフト小レバーを操作して一番内側のギヤに移動させます。
この操作をしないとタイコが隠れてワイヤーが抜けません。
タイコ部分をから引き抜きます。



古いインナーケーブルを抜いたのと逆の手順で新しいインナーケーブルを挿入して行きます。



リアディレイラーには調整ダイヤルが付いてますが内装式フレームのフロントディレイラーには調整用の
ケーブルアジャスター が付いてない事が多く調整がかなりシビアなのでケーブルアジャスターを追加します。
SHIMANO(シマノ) インラインケーブルアジャスター アルミ SM-CA70これは良い!
アウターケーブルをカットして間のハンドル下に付ければ調整がかなりシビアなフロントディレイラーの
調整が手元で簡単に出来て、慣れれば走行中にも調整可能になります!
 


取り付けるとこんな感じです。




裏返のケーブルの通道を綺麗に清掃してから通します。



リアは調整ダイヤルを締め込んでから余ったワイヤーをキツめに張って余ったワイヤーをカット。
ワイヤーエンドを取りつける前にハンダを染み込ませるとエンドが取れてもワイヤーがバラけません。
ワイヤーエンドを取り付けて完成!(ブラックはオプションです。)



洗浄したチェーンに注油して完成!



シフトケーブルは元は結構長かったので今回はギリギリ短めにして見ました。




ラジコン帰りの翌日、日曜日夜明けから初めて1時間くらいかな?
問題はその後の調整色んなサイトやYouTube動画を見たがサイトによって少し違ったりでう~ん。
結局シマノディラーマニュアル「基本作業書」が一番分かりやすかった。
プリントアウトしてクリアファイルに入れて参考にしました。
リアは比較的かんたんに調整が完了! スパスパ変速がキマリ気持ちいい!

問題は懸念材料だったフロントディレイラーの調整。
簡単には合わずに調整も兼ねて朝から天理回って橿原市まで 行って50km走る予定でしたが、
調整しながらだし、30km以上走るのかなり久しぶりで後半ペースダウン。
10時までに帰宅して買い物の予定だったので42kmで終了でした。
自動代替テキストはありません。



最高の天気でシフトもスパスパとキマリ気持ち良く走れて、先週は桜満開でしたが雨で諦めましたが
今週はほとんど葉桜でした(;´∀`)
筋肉痛にはほとんどならなかったがお尻痛かった(~_~;)




残すはBBのベアリングとハンドル周りのグリスアップ。
この辺は規格が色々有るので下調べ中です。



テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-04-19 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

内装式ブレーキケーブルの交換。

前回の簡単なロードバイクのブレーキシュー交換からハードルが上がって内装式の
ブレーキのBianchi928C2Cのアウターとインナーケーブルをセットでの交換です。
 


先日Bianchi 928のブレーキシューを交換して奥の効きは劇的に良くなったがコントロール性が良く無い。
ワイヤー類は交換時期不明でアウターケーブルはおそらく一度も交換してないと思います。
一般的な構造のブレーキワイヤー類交換は外装式のマウンテンバイクでは経験有りますが今回は
フレームの中に通してある内装式と呼ばれる方式なので少し難しいかも知れないが交換に挑戦します。

外装式はインナーワイヤーぶちっと切って抜いてアウター抜いて交換して調整して終わり。
内装式は失敗すると後が大変なので下調べをして確実に作業するために保険でコレを買いました。
ケーブルライナー113円+税



ブレーキケーブルのグレード。
☆非コーティング
1. 一番安いスチール(鉄)安いが錆びやすくコスト最優先の場合以外選ぶ意味がない。
2. SUS(ステンレス)スチールよりは高いが錆びにくい、雨ざらし保管だと最低限SUSかな。

☆コーティング系
3. SIL-TEC(旧名称PTFE)フッ素加工のコーティングで滑りを良くしたケーブル。
4. ポリマーコーティングケーブル ハイエンドですが滑りが良すぎて指定以外のコンポーネントでは
  使えない物もあり、私の5600系は2世代前なので適合範囲外かな?ロック部分で滑る可能性が有る。


屋内保管で基本雨天走行はしないとは言えスチールは無い、最低SUSで今付いてるのも多分SUS。
ポリマーコーティングは滑りすぎる為に2世代前の105 5600系はポリマーコーティングが使えない
可能性が有るので次の機会に考えるとしてとりあえず今回はSIL-TEC(旧名PTFE)コーティングの
ケーブルセットを購入、アウターケーブルは元はシルバーですが今回はホワイトを選択。

内容物
アウターケーシング:SLR:φ5mm×1400mm(1本):φ5mm×800mm(1本)
インナーケーブル:PTFEコーティング:φ1.6mm×2050mm(1本):φ1.6mm×1000mm(1本)
その他付属:アウターキャップ:インナーエンドキャップ(シルバー)
シマノパートNo:Y80098012
   


硬いステンレスの網線ケーブルはなかなか綺麗に切れないので専用カッターが必要なので値段の割に
評判の良いPWT PCT-02 ワイヤーカッターを同時に購入。
 


PTFEのブレーキケーブルセットの組み立てにはケーブルに塗るプレミアムグリスが別途必要になります。
 


作業開始。
前は通常のブレーキと同じで特に考える必要は無しで後のみ内装式です。
ブラケットカバーをめくり、先日変えたばかりですがバーテープを剥がします、もちろん再利用します。
ケーブルを止めてるビニールテープも剥がしパーツクリーナー等で清掃。



ブレーキケーブル終端のワイヤーをロックしてるネジを緩めてからエンドキャップを切断。



ブレーキレバーを握りインナーブケーブルのタイコ部分を引き出します。
20170406222721312.jpg 


タイコ部分から切断、専用のワイヤーカッターはスパッと切れます!



インナーワイヤーをしっかり持ってアウターを引き抜きます、絶対にインナーも一緒に抜かない事。
アウターワイヤーを元と同じ長さにカット、カットの断面がつぶれてるので断面をラジペン等で修正。
潰れたインナーの穴を千枚通し等で広げてスムーズにインナーワイヤーが動くようにします。
20170406222803778.jpg 


ワイヤーカッターにも穴を拡大する部分が付いてますが使い勝手は悪いですね(^_^;)
20170406222812514.jpg


最近お気に入りなのがテレビで紹介されて一時期市場から消えてプレミアが付いたLS BELL HAMMER
確かに性能は高く色々使って差を感じてますし、持ちも良いのでインナーケーブルにグリス塗る前に
BELL HAMMER塗ってから時間置いて浸透させてから軽く拭いてからグリスを塗りました。
20170406222843204.jpg 


交換したワイヤーは新品と比較しても前後とも異常は無く綺麗でした。
20170406222749788.jpg 


今回ケーブルライナーを用意しましたがBianchi 928 C2Cの場合試しにそのまま古いインナーケーブルに
新しいアウターケーブルを通すとスルリと通過!古いインナーケーブルを抜いてコーティングに入れ替え
無事交換完了!自己満足でブレーキ用のエンドキャップをアクセントでアルミのブラックに変更♪
20170406222733146.jpg 


ワイヤーエンドも付属のシルバーじゃ味気ないのでアルミのブラックアルマイトに交換。
ワイヤーカッターのこの部分で圧着しますが傷防止に紙を挟んで圧着しました。


前後ブレーキケーブルのアウター交換、SUSからSIL-TEC(旧名称PTFE)フッ素加工のコーティングへ
交換でブレーキングがどう変わるか?恐らくグリスが切れてたのも有るかな?ハッキリと変わりましたね!
ステンメッシュのブレーキホースに変えた感じ?ハッキリと効き、コントロール性UP!
かなりフィーリングが良くなりました \(^o^)/


次は一気にかなりハードルの上がるシフトワイヤーのインナーとアウターの交換です。
交換作業よりディレイラー調整(ギヤチェンジの調整)にめっちゃ時間かかりそうですね(;・∀・)

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-04-12 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

スプロケット分解洗浄。

先日チェーン洗浄しててスプロケの汚れが気になってチェーンディグリーザーで普通に
洗った位ではこびりついた汚れが落ちないので今後スプロケットの交換も視野に入れて
思い切って専用工具を買って昼休みに分解洗浄してみました。
 


これが元の状態ですがかなり汚れて真っ黒です(^_^;)



工具の内容物。



説明書。



ギヤの順番は間違えようが有りませんがシム類の順番で迷う可能性が有るので順番だけは
写真に撮るなりメモしておいて下さい。
容器に入れて50度のお湯で暖めて油分を浮かしてからチェーンディグリーザーで2回洗浄しました。



真っ黒だったスプロケットがピカピカに輝いてます(`・ω・´)
フロントも分解して洗浄したい所ですが別の専用工具が必要なので今回はそのまま普通に洗浄のみ。



チェーンをもう一度洗浄注油してピッカピカ(*´∇`)
チェーンが伸びて来てか変速を雑にするとFギヤでチェーンが外れる事が有るので
Fディレイラーを何度か調整してバッチリ!
チェーン洗浄と注油、スプロケット洗浄、ディレイラー調整で結構動きは軽くなりました(*´∇`)
走るの楽しい♪
20170404224429281.jpg 

105の5600系で2009年発売で2010年発売の5700系までの1年間以下の間の5600ブラック仕様
なので多分7年~8年落ちの中古なので長く乗る為にまだまだメンテは続きます。
ここからはぼちぼちとドンドンとヘビーなメンテに入って行きます。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-04-06 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ブレーキシューの交換。

大阪に出たついでにY'sRoad大阪本館に補修部品の購入とWEBでは分かりづらい次のメンテの
下調べも兼ねて行ってきました、都心のスポーツバイク専門店なので駐車場は無いので近隣の
コインパーキングに止めることになります。

Bianchi928C2Ccarbonと同じミドルクラスの同価格帯の新車が展示してあり、フルカーボンに
アルテグラ装備で30万以下のお買い得モデルが展示!色もデザインも好みで( ・∀・)イイ!!
欲しいけどとても買えませんけどね~ 宝くじ当たらないかな?(笑)



目的の補修部品は効きの甘いブレーキシューの交換と今後のメンテで使う部品で2000円ほど(^_^;)
減ってる様子は有りませんが、効きが甘い!パーツクリーナーでシューとホイールのリムを清掃したが
効果は薄く、ケーブルの可能性も有るが、年式を考慮するとシューの硬化を疑ってシューの交換です。



交換は非常に簡単♪
まずネジを外しますが緩み止めが塗ってあるので結構固く、必ずピッタリサイズのドライバーを使って下さい。
928C2Cの場合+ドライバーのサイズは二番です。



交換用のシューに付属の新品ネジは六角(ヘキサゴン)なので六角2mmが必要です。
ネジを外して後方にスライドさせれば簡単に抜けるので、新品を同じように今度は前にスライドして
ネジを締め込んだら完成!実走行の前に必ず安全な直線でテスト走行して効きのテストをして下さいね!
厚みを比べるとFで新品10mmが9.8と微減レベル、でもブレーキシューの硬度が全然違う!
新品は柔らかい!予想通りに古いのはかなり硬化してました(^_^;)
新品に交換するとバンバンにフルロックするほどバッチリ効くようになりました(*´∇`)



まだまだメンテナンスは続く。

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2017-04-03 : Bianchi 928 ロードバイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。
RCはX-RAY XB2 2016D
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon SHIMANO 105-5600系

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: