RCとロードバイクが趣味のブログです。

JConcepts "F2" 投入!

さて週末は第二回ナイトタイム計測会と言うことで塗装が仕上がって来たJConcepts F2軽量を初投入!

塗装はいつもお願いしてるFINISHLINE PaintWorksさんにお願いしました♪♪♪
今回も素晴らしい塗装をありがとうございましたm(_ _)m



2016では後期ずっと付けてて、2017ではまだ未装着だったFウイングですが、Jackyさんに譲って頂いた
3Dプリンター製のFウイングマウントを初投入!ありがとうございますm(_ _)m



裏側
結構しっかりしてるし、ダメージ受けにくい装着位置も有りウィングは結構長持ちしそうです。



装着!



サイドビュー



先週の説明書通りのセッティングからトーとスキッド角度等変更、F2ボディに変更、Fウィング追加
ギヤ比変更と進角変更、一応プチナイトレースなのでクーリングファン除去+α

さて、今回私はコース変更して始めての走行となるのでレース前の1~2パックの練習走行が鍵と
なりますがセッティング変えて2パックの練習でまともに走れるか?( ;´Д`)💦
不安も有り期待も多分に有りで楽しみです🎼



ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2017-08-04 : XRAY XB2 2017 Dirt Edition : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

最新 SANWA SUPER VORTEX Gen2 PRO 投入!

新発売のSANWA SUPER VORTEX Gen2 PRO 速攻で投入しました!

今まで使ってたESCが不調、中速のパワー感が無い、立ち上がりで一瞬パワーが落ちるので
かなり走りにくいと師匠とY氏の指摘で、キャパシタ積み替えてもモーター積み替えてもダメで残るは
ESCって事で今回発売をずっと待ってて出て速攻で買い替えました、嫁ローンですが(;・∀・)



 フルモデルチェンジのSUPER VORTEXが更なる進化!
●POWER MOS FETを含む回路の見直しにより、Gen2比で130%の出力アップを達成。
定格電流:Gen2 1000A/Phase ⇒ Gen2 PRO 1332A/Phase
他社数値との比較:Gen2 162A/Phase ⇒ Gen2 PRO 216A/Phase
●M12S、M12S-RS、EXZES ZZ、MT-44のコード10対応により更なる機能の充実。
●Gen2から更に形状変更されたフルアルミケースを採用。
●クーリングダクトにより、本体の放熱を向上。 ●PROGRAM BOX Gen2対応
●PROGRAM BOX Gen2によるファームウェアのバージョンアップに対応 等・・・
<仕様>
●SSL対応  ●SSR対応
●PROGRAM BOX Gen2対応
■電圧:3.7~7.4V
■定格電流:1332A/Phase
■対応モーター:3.0T以上(Li-Po 1cell)、4.5T以上(Li-Po 2cell)
■寸法:32.0×36.8×20.5mm ■重量:41.7g


開封。



内容物
センサーケーブル、12Gパワーワイヤー、クーリングファン、クーリングダクト、パワーキャパシター×2
説明書、保証書、ステッカー、シュリンク。
クーリングファンの風をクーリングダクトでサイドや 下側にも風を送るので効率よく冷却出来ます。


ハンダ付けにはダイソーで売ってるミニバイスがあればかなり便利です♪



SSL対応機器のサーボとESCを同時に使う場合別売りのショートYハーネスで二股にする必要が有ります。



装着!
サイズは大きくも小さくも無く標準的ですね。センサーケーブルが電源側では無く左出しなので
センサーケーブル切れた時の交換は見やすいので比較的楽にできますね。



SUPER VORTEX Gen2 PRO のセッティング変更には3パターンの方法が有ります。
1.本体のLEDの点滅で確認しながら設定を変える。(LRP方式)(ch2に接続)

2.PROGRAM BOX Gen2を使って設定を変える。
【SUPER VORTEX Gen2 PROご使用にあたっての補足説明】
・現在販売中のPROGRAM BOX Gen2(ファームウェア Ver.01.02R001)とSUPER VORTEX Gen2 PROを
・接続した際にPROGRAM BOX Gen2のファームウェアが対応していません。
・使用する前に必ず下記のファームウェアをダウンロードしていただき、アップデートしてください。
●PROGRAM BOX Gen2 PRO ファームウェアアップデートマニュアル(PDF)
●PROGRAM BOX Gen2 PRO用ファームウェア PBOXA001_0103001(zip)
※Gen2 PRO用ファームウェアをアップデートした後は、Gen2に対応しなくなります。
 Gen2に対応させるには下記のファームウェアをダウンロードしていただき、
 再度アップデートしてください。
●PROGRAM BOX Gen2用ファームウェア PBOXA001_0102002(zip)

3.SSLチャンネルに接続してSSLのCODE10対応プロポと受信機を使って設定を変える。
【SV-Gen2/SSL機能 補足説明書(ダウンロード)】
・SSL機能の送信機でのセッティング方法についての補足説明書です。
・取扱説明書よりもさらに詳しく書かれています。
●SV-Gen2/SSL Binder(PDF)


本命のSSLを使用する場合は準備が必要です。
まずCH2に繋いで電源を入れてセットボタンを4秒押してSSL接続では変えられない
4項目を必要に応じて変更します。
『SSL接続でセットボタン4秒押しはSSLで設定したセッティングを本体に書き込む動作になります。
 これはSSL禁止のレースやSSRを使用したい時に使います。』

・モード1( カットオフバッテリー)
・モード 2( バックキャンセル )
・モード 3( ヒートプロテクト:本体温度 / モーター温度 )
・モード 4( ブースト )
誤解してる方も居られますが、走行前にブースト切って車検受けて
SSLで走行中にブーストONは出来ない構造になってます。
次に受信機の接続はCH2ではなくBATT SSL端子に接続します。
プロポ(M12Sの場合)SYSTEM→AUXタイプのAUX2をCODE10に変更します。
次にRACINGのCODE AUX2の名称を分かりやすい名称に変更します。
応用としてRACING MODEにパワー重視の設定~マイルドな設定まで最大5パターン設定して
走行しながら1ボタンで自分に合う設定を切り替えて合う設定を探す事も可能です!!!


使って見ました。
ストック17.5ノンブーストの場合スロットルパンチとドライブフィールの調整とブレーキ関係のみ。
スロットルパンチ40、60、80、100と4パターン、4パターンをRACING MODEにセットして走行中に
切り替えてテストしました。
『スロットルトリガー/スティックを操作してモーターが廻り始める際のパンチを調整できます。
設定値が低い場合はパンチが弱く、高い場合には強くなります。
17.5Tストックモーターでの推奨値は「60~80」』
パンチ0だとトリガーに軽く触れても動かなかったのが、パンチを上げると触れた瞬間から動き出し
反応がドンドン上がりやはり80以上が良いかな?私は85で使ってました。
路面が良ければ更に上げて、路面が悪ければ下げる、RACINGモードの切替でも良いし、使って無い
スイッチに割り当ててでも良いし簡単に変更できます。
(私はダイヤルに割り当ててます。)


次にドライブフィールを0、20、40、60、80と5パターンをRACING MODEにセットして走行中に
切り替えてテスト。
『モーター特性を調整する機能で、設定値を高くするとスロットルON時のレスポンスが滑らかになり、
設定値が低い場合はスロットルOFF時のモーターの回転落ちが早くなります。』
私は40付近が好みだったので現在とりあえず35でセット


コンディションの良好のESCとの比較では無く、8ヶ月使って調子の悪いESCとの比較になります。
全開時のパワーは申し分無く不満なし、下から上まで滑らかに加速して低中速が扱いやすくなりました。
特筆すべきはブレーキ!プロポの設定は同じでブレーキフィールは0、今まで下手くそなので
ストレートエンドでは使わなかったし、使えなかったブレーキがこのブレーキなら使える!
私はこのブレーキは非常に使いやすいですね~

SSL接続でESCの調整が簡単にプロポで出来て、回転数も見れ、ESC温度、モーターに温度センサーが
入ってればモーター温度も監視可能で設定すれば設定温度を超えるとアラーム+バイブで通知も可能です。
このESCは一級のパワーででテレメトリーも有りセッティング簡単でトータルでかなり良いと思いますよ~
SSL最高です♪


ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx




テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2017-08-01 : ブラシレス関連 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

XB2 2017 Dirt Edition シェイクダウン!

さて9/17日のレースに向けて全力で準備中のXB2 2017 Dirt Edition のシェイクダウンです♪

+基本のジオメトリーは変えずに細かい所+間際に追加した物も色々とテストしてて忙しくて
今週も現地画像撮るの忘れてた(;・∀・)



セッティングはバネ、オイル、ジオメトリー全て説明書通りの素組み。
オプションパーツは軽量化パーツのみの最低限。
軟らかくなった純正バネとリアサスマウントのナロー化+新車効果+αがどこまで出るか???

仕事を早めに無理やり切り上げて6時ちょい前に到着、お客さんはまあまあ多めでポジション被るので
操縦台は速いもの勝ちな感じ、6時に散水始まるので数周とりあえず走って見る。
タイヤは先週始めて使ったモールドインナーのエレクトロン、スポンジインナーとかなり感覚が違うので
まだ全然慣れない、あんまり曲がらないかな?


スタート
1コーナー曲がりは甘いが着地も安定してますし、マニアリジャンプも問題は無く、S字スネークも問題無い
ヘアピンは良く曲がりナロー化が効いてリアが良く動いてるのが分かる、しかし夕方の散水前なので
当然路面グリップがかなり悪いのは有るが、ストレートエンドはかなり曲がらない、ドアンダーで
バッテリーポジションが最も後側なので最も前側に変更してプリロードを掛けるとかなりマシに。

散水後はグリップが上がり曲がりはアップはするが高速コーナーがアンダー傾向なのは変わらずで
純正バネに純正HUDYオイルの設定では真夏には柔らか過ぎるかな?更にプリロード掛けてだいぶ改善。
アンダー傾向で曲がりは甘いが扱いやすく、ハードブレーキでリアが流れても非常に穏やかで
カウンター当てたらピタリと止まるのでスピン率かなり低め、安定して走っててかなり楽、ポツポツ
19秒台、20秒前半は落ち着いて走れば普通に出るので取説通りのセッティングにしては上出来!
握りすぎてオーバーしてステア切りすぎて縁石にカスって転倒が大半でおかしな動きは無し。
ブラックMが少し走ったら19秒463とラップ泥棒されてブラックM本人も自分のRB6のタイム抜いてるし…

2016ではシャーシ削ってシャーシロール増やした調整にテストしてサイドガードをハードに変えてました。
少し前に更に純正オプションのサイドガードブレースを追加しましたが、ハード素材+カーボンはやり過ぎて
ピクピクになってしまって即外したのを、今回は装着するとレスポンス、曲がりも上がって今回は有りでした!
なんとか19秒835までは行きました。




店長さんに走ってもらって、サーボの動きが速すぎるとの事でデッドバンドのみを調整。
数周で19秒173!すげー(゚o゚;)
ちょっとアンダーは強めだけどコントロールはしやすく悪くないと(*^○^*)

次回は完全改修では無いですがコースレイアウト結構変更されての初走行になります。
既に今回の走行を踏まえて2016でやってたセッティング、やってた事、新たな事、色々準備中( ̄ー ̄)
お願いしてたブツも特急作業でご用意して頂き週末にはテスト出来そうです\(^o^)/
本当にありがとうございます!!!m(_ _)m

今週も相変わらず睡眠不足が続きそうです(~O~;)

ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2017-07-30 : XRAY XB2 2017 Dirt Edition : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

③ XB2 2017 Dirt Edition 組み立て その3 完成!

組み立てその③
引き続きXRAY XB2 2017 Dirt Editionを組んで行きます。

今回はフロント周りから。
ステア周りは向きに注意してガタが無く且つフリーにした時にスムーズに動くように微調整をしてください。
SnapCrab_NoName_2017-7-3_18-28-1_No-00.jpg


サスマウントのナロー化の次に大きな変更点はサーボの固定を3箇所から選べます。
リアはバッテリー位置で、フロントはサーボ位置で簡単に重量配分を変えれる!これも効くと思います!
SnapCrab_NoName_2017-6-30_23-19-4_No-00.png


サーボの固定は平ワッシャーは使わずにイーグルのサーボ用フランジワッシャーでがっちり止めます。



ネジを締めるだけでフランジ部分がサーボ取り付け部のセンターで固定される為にずれません。
20170727151352850.jpg 


サーボポジションを3段階の1番後ろに下げるとターンバックルの角度がかなり付いてしまうので
6mm→10mmのボールスタッドを使って5mmのシム入れて前に出すとか他車種の前に出てる
サーボホーンを使うとか何らかの対策が必要だと思います。
20170722143810487.jpg 


軽量化その3
バネ下荷重の軽減にフロントチタンアクスル投入。



ダンパー自体はオーソドックスな構成で変更なし。



ピストンは2017から1.6mm、1.7mm+ブランクピストンに変更になりました。
これも去年かなり色々ドリル径買ってピストンのテストして1.6と1.7に変更済み。
ブランクピストンが付いてくるので更に好みで変更できます。
付属オイルの番手もピストン径変更に伴いF500R350→F450R400に変更になってますね。
20170720111229282.jpg 


スプリングは2016より柔らかい新しいバネレートが採用され、これは使えそうで期待。
2016は一番柔らかいドット1でも少し硬すぎて路面を結構選ぶのでほとんど使ってませんでした。
SnapCrab_NoName_2017-6-30_23-32-6_No-00.png

SnapCrab_NoName_2017-7-4_20-39-19_No-00.png 


ここでXRAY 328011 Composite Shock Ball Joint 21mmのロング仕様をリアに投入。
500円の割に想像以上に着地で効くのでオススメ!
20170705223053176.jpg 


重量はS2軽量で塗装も薄めの軽量塗装の場合1483g(シャーシプロテクター無し)
20170722143716356.jpg 


ここに重めの自作シャーシプロテクター+モーター用ファンで1534g。
20170726235343479.jpg



さて、完成です!
セッティングは全て取説通りでスプリングもダンパーストロークもオイルも何もかも取説通りの素組み。
相変わらず精度は高くサクサク組み立てられました。
リアサスマウントのナロー化がどこまで効くのか???楽しみで(*^^*)
20170722144043664.jpg



いよいよ次はシェイクダウン編です!


ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2017-07-28 : XRAY XB2 2017 Dirt Edition : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

② XB2 2017 Dirt Edition  組み立てその2

組み立てその②足回りの組み立て。
引き続きXRAY XB2 2017 ダートエディションを組んで行きます。

もう少し幅が狭ければ良いのにとブラックMと言ってたら2017はサスマウントの幅がナローに変更されて
よりリアが良く動くようになりました!2017を買った決定打、期待大!
SnapCrab_NoName_2017-6-30_23-18-48_No-00.png


サスマウントのナロー化に合わせてギヤBOXもナローに新設計。
SnapCrab_NoName_2017-7-3_16-37-58_No-00.jpg


XB2のボールデフはギヤボックスが上下分割式なのでシャーシ下のねじ4本抜くだけ簡単に
ボールデフが取り外せるのでデフメンテが非常に簡単に出来ます!
SnapCrab_NoName_2017-6-30_23-35-42_No-00.png&


ナロー化に合わせてドライブシャフトも新設計の1mm短い47mmですね。
合わせてホイールハブの厚みも+2.25から+4.5mmに変わってます。
SnapCrab_NoName_2017-6-30_23-18-23_No-00.png


2017から大きいベアリングはシルバーとブルーのラバーシールドの二種類が入ってます。
ブルーのラバーシールドはグリスレスのドライベアリングでオイル注入は必須。
シルバーのメタルシールドは通常のグリス入りベアリングで、注油不要、リアハブとナックルに使用します。
注油


ここで純正オプション投入! 2.5mmワッシャー(笑)
何も無しで組むとサスピンが抜けやすいのでワッシャーやシム等で抜けを防止します。
てかオプションじゃ無くてキットに付けとけとは思いますね(-_-;)
2016の時はブラックだったのに今回のはシルバー、なぜ?
2.5mmでなくて、3mm用でもEリングでもなんでも良いので付けときましょう。


画像に含まれている可能性があるもの:テキスト


軽量化その1
シャーシだけは大幅に軽量化されたがそれでも決して全体重量は軽くは無い。
軽量化はされてるがストックにはまだまだ重いので軽量化は必須って事で後から組み込むのが面倒な
チタンビスをまず投入、64チタンと行きたい所ですがお高いのでお安いProTek製を購入。



各ビスが長さ別にサイズと本数明記の袋に入ってるので非常に分かりやすいです。



軽量化その2
純正ターンバックルは結構細く軽め、強度的にはHUDY Spring Steel™が使われてるので純正は
曲げた事が無いくらい丈夫、しかし、軽量化の為にランスフォードのチタンに変更。



軽量化その3
モータープレートはExotek Racing Aluminum XB2 Dirt Edition 'Flite' Vented Motor Plate
大胆に肉抜きされてるのでスリッパーの放熱にも一役買います。



補強パーツ
Exotek Racing 4mm Camber Savers
これはリアの樹脂製ロールセンターホルダーのボールエンドの抜けを防止する商品です。
2mmシムと交換して隣のネジ穴に共締めしてがっちり支え横方向の動きを抑え強度を上げる物です。
2mmシムだと2mmシムの下を支点にシムも横に動きますがコレを使うとシム部分が固定され支点が
2mm上のボールの根本に変わるため、かなり強度が上がります、これはおすすめ。
D413、RB6、ZX-6と共通で使えますしピッチ4mmで有れば他車種でも使用可。





リアの足回り、ギヤBOX組み込みまで完成!思いっきり肉抜きされてスケルトンです。
駆動はかなり軽いです♪



今回はここまで。




ブログランキングに参加しております。
よろしければクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村     にほんブログ村

 
RC Maniax GigaLinx


テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

2017-07-25 : XRAY XB2 2017 Dirt Edition : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

dora

Author:dora
グダグダな趣味のブログです。
RCはX-RAY XB2
万年初心者です(笑)

ロードバイクはBianchi 928 C2C
Carbon SHIMANO 105-5600系

クリックよろしくお願いします!

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: